2013年2回東京7日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス0秒3へと変動、日曜がマイナス1秒1だった。2回東京はトータル6週の開催で、その後クラス編成が替わって3回東京開催が引き続き行われる。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、3日目以降マイナス1秒台の速い時計が出るコンディションが続いていたが、先週土曜は雨の影響を受けた。
 先週からBコース使用となったが、土曜は雨が降り続いて後になればなるほど時計が掛かって行った。とは言え、芝で最後のレースだった11Rの京王杯SCでもマイナスの数値だった。そして、日曜は馬場が乾いて、マイナス1秒台の数値に戻った。なお、日曜は4Rだけが稍重で、5R以降は良だが、馬場差は1日を通した数値。脚質的には差しは結構届いていたが、外差しでは厳しくて、やはり馬場の一歩どころから三歩どころを通った馬が有利だった。今週までBコースが使用され、ダービーウィークはCコースが使用される。雨の影響がなければ今週速い時計の出るコンディションが続くものと思われる。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒3からマイナス0秒8へと変動、日曜がマイナス1秒8からマイナス1秒2へと変動した。まずはここまでの馬場差を振り返っておく。3週目までは雨の影で脚抜きが良かった2日目以外は水準レベルで推移していたが、先週は雨の影響を受け、土曜後半から時計の出やすいコンディションになった。
 雨が降り続いた土曜は、後になるほど速い時計の出る馬場コンディションになった。12Rはマイナス0秒8。日曜は前半と比較すると光波んは乾いていったが、それでも終日マイナス1秒台で高速馬場だった。雨の降っていた土曜よりも、日曜の方が速い時計が出ていた点は注意。脚質的にはハイペースになれば、きっちり差しが届いていた。特に古馬の条件戦においてはそうだった。脚質における有利・不利は少ない馬場。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/05/11 (土)  芝=-1.0 → -0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1400 マデューロ    牡3 未勝利 1:22.1 -0.9 --- -0.2 -0.7 C D
7R T1400 エパティック    牝5 500万下 1:22.5 +0.3 -0.4 +0.5 -0.6 D D
9R T2000 ラシーマ    牡3 夏木立賞500 2:00.8 -0.3 -0.3 +0.1 -0.7 C C
10R T2000 クイーンオリーブ    牝5 秩父特別1000 2:00.3 +0.2 -0.6 +0.1 -0.5 C D
11R T1400 ダイワマッジョーレ    牡4 京王杯スG2 1:20.6 -0.1 --- +0.1 -0.2 C C

2013/05/11 (土)  ダ=+0.3 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 エルシェロアスール    牝3 未勝利・牝 1:40.5 +1.3 --- +1.0 +0.3 E E
2R D1400 シュガーパイン    牡3 未勝利 1:26.4 +0.5 --- +0.2 +0.3 C D
3R D1600 オリオンザムーン    牡3 未勝利 1:39.9 +0.7 --- +0.4 +0.3 D C
6R D1400 タイセイスウィープ    牡3 500万下 1:24.9 -0.2 --- -0.2 ±0 C D
8R D1600 オメガスパーキング    牡4 500万下 1:37.3 -0.7 --- -0.4 -0.3 B C
12R D1400 エステーラブ    牝6 1000万下 1:23.9 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D

         

馬券Summary
A→B、C→D、そして道悪競馬
後ほど
HERO30%OFF
↑HERO30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準