2013年2回東京6日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた2日目以外はマイナスの数値で、3日目以降はマイナス1秒台の速い時計の出るコンディションとなっている。
 野芝がどんどん根を這っていく時期で、1週前よりさらに速い時計が出る馬場にはなったが、いわゆる軽い馬場という感じではなくて、ちょっと説明が抽象的で申し訳ないが、どちらかと言えば、パワー寄りというタイプのサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が多く好走していた。馬場の中ほどからの差しも結構届いていた。1週ごとに馬場の傾向が変わっているので、土曜に馬場をしっかり見極めて日曜に勝負という戦略が正解かもしれない。先週まえのAコースから今週はBコースに移って、オークスの週までBコース、そして日本ダービーの週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で脚抜きの良くなった2日目以外は水準レベルの馬場コンディション。
 時計の出方に関してはもうこの開催に入ってから良馬場ならほぼ水準レベルで、実に安定している。先週は東京にしては先行馬の好走が多くて、特に日曜は勝ち馬の大半が逃げ・先行馬だが、2着には差し馬が届いていて、そう偏りはない。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/05/05 (日)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 セデュウシング    牝3 未勝利 1:34.3 -1.4 --- -0.4 -1.0 B D
5R T2000 コスモブレード    牡3 未勝利 2:00.5 -1.5 --- -0.2 -1.3 C C
6R T1800 スマートレイアー    牝3 500万下・牝 1:49.5 +1.6 -1.4 +1.4 -1.2 SL C
8R T2000 ビームライフル    牡4 1000万下 2:00.1 ±0 -0.7 +0.6 -1.3 D D
9R T1600 フジマサエンペラー    牡4 湘南S1600 1:32.5 -1.1 --- -0.1 -1.0 C B
11R T1600 マイネルホウオウ    牡3 NHKマG1 1:32.7 -1.3 --- -0.3 -1.0 C C

2013/05/05 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 プランタンビジュー    牝3 未勝利・牝 1:25.7 -0.2 --- -0.1 -0.1 C C
2R D1600 アイディドゥイット    牡3 未勝利 1:39.2 ±0 --- +0.1 -0.1 C D
3R D1300 コアレスキング    牡3 未勝利 1:19.4 ±0 --- +0.1 -0.1 C C
7R D1400 ケイアイヘルメス    牡5 500万下 1:25.0 +0.1 --- +0.2 -0.1 C C
10R D2100 ナリタシルクロード    牡6 ブリリアH 2:10.1 +0.6 --- +0.7 -0.1 D E
12R D1600 タイセイスティング    牡4 日吉特別1000 1:36.5 -0.7 --- -0.6 -0.1 B D

         

1R未勝利・牝 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 プランタンビジュー コメントなし
4R未勝利 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 セデュウシング コメントなし
6R500万下・牝 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 スマートレイアー コメントなし
12R日吉特別1000 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 タイセイスティング コメントなし
馬券Summary
3歳500万下にも注目
後ほど
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準