2013年2回東京3日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値はマイナス1秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、2日目は雨の影響で時計が掛かったが、他の3日はマイナスの数値。
 土曜日はダートが稍重で始まっていたように、含水率自体は低くなかったが、初日よりも高速化した。これは1週目より芝丈が短くなった影響。高速化した事で、1週目とは異なって内が有利。だからと言って、前残りばかりという訳ではないが、差して好走した馬の多くは内を突いていた。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で脚抜きが良くなった2日目を除けば、水準レベルの数値。
 土曜は3Rまで稍重だった様に、含水率が高くてそのため土日の馬場差が異なるが、異なると言っても0秒1しか違わない。変動だった2日目を除くと、ほぼ同じ馬場差で安定している。なおかつ、1週目と同様に東京コースらしく差し馬の好走が多かった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/04/27 (土)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1400 サクラダムール    牡3 未勝利 1:22.8 -0.2 -0.3 +0.3 -0.8 D D
6R T1800 インプロヴァイズ    牡3 500万下 1:47.4 -0.5 -0.7 -0.2 -1.0 C D
9R T2400 ステラウインド    牡4 陣馬特H1000 2:26.2 ±0 --- +1.3 -1.3 E D
11R T2400 ヒラボクディープ    牡3 青葉賞G2 2:26.2 -0.2 -0.7 +0.4 -1.3 C C
12R T1600 ニジブルーム    牡5 1000万下 1:33.1 -1.1 --- -0.2 -0.9 C D

2013/04/27 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 ビーインラプチャー    牝3 未勝利・牝 1:40.6 +1.4 --- +1.4 ±0 E D
2R D1400 フィリーズカレン    牝3 未勝利 1:26.9 +1.0 --- +1.0 ±0 E E
3R D1600 ベールグリーン    牡3 未勝利 1:40.8 +1.6 --- +1.6 ±0 E D
7R D1400 エンドレスノット    牝4 500万下・牝 1:25.0 +0.1 --- +0.1 ±0 C C
8R D1600 マルブツビアン    牡5 500万下 1:37.6 -0.4 --- -0.4 ±0 B D
10R D1600 サンライズブレット    牡5 春光S1600 1:36.6 +0.2 --- +0.2 ±0 C C

         

6R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 インプロヴァイズ コメントなし
8R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 マルブツビアン コメントなし
馬券Summary
堀厩舎&戸崎騎手
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準