2013年2回中山8日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。まずここまで4週の馬場差を振り返っておくと、3週目までは同じ週でも雨や風の影響度合いによって、時計の出方が異なった。先週は2回開催で初めて土日とも同じ数値となった。
 水曜から木曜日にかけて雨の影響が残ったためか、高速馬場にはならなかった。パンパンの良ならもっと時計が出ると思われる。春の中山開催が進んでも、単純に時計が掛かって行くという訳でもないので、その辺り注意が必要。脚質傾向は、スプリングS以外は全てのレースで中団以降に居た馬が連対していた。特に土曜は後方からの追い込みがビシバシ決まっていた。3・4コーナーで荒れた内側を通った馬には苦しい状況になっている。今週から開催が替わるが、引き続きAコースが使用されるので、この傾向が続くと見て間違いない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4。1200m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1800mは全てプラスの数値だった。一方1200mは雨の影響で時計の出やすくなった3日目、風の影響で時計が掛かった6日目を除くと、水準か水準前後で推移していた。
 確かに1800mは全てプラスの数値だったが、風の影響のなかった先週は土日ともプラス0秒4で、水準に近づいて来たのは注意事項。脚質傾向は先々週に比べると、前有利という程ではなかった。というのも、土曜は先行組の活躍が目立ったが、日曜になると逃げ馬の連対はゼロで、ほとんどのレースで中団以降に位置していた馬たちが連対していた。力があれば、どんな位置取りでもOKというコンディションになって来ている。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/03/17 (日)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 マイネルバランシン    牡3 未勝利 1:49.8 +0.2 --- +0.7 -0.5 D C
6R T1600 バロンドゥフォール    牡3 500万下 1:35.2 -0.1 --- +0.3 -0.4 C C
8R T2000 ロンギングダンサー    牡4 500万下 2:01.2 -0.4 -0.8 -0.7 -0.5 B C
9R T2000 エクセリオン    牡6 館山特別1000 2:01.6 +0.7 -0.4 +0.8 -0.5 D D
11R T1800 ロゴタイプ    牡3 スプリンG2 1:47.8 -0.4 --- +0.1 -0.5 C C

2013/03/17 (日)  ダ=+0.4 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 モレサンドニ    牝3 未勝利 1:13.4 +0.5 --- +0.5 ±0 D D
2R D1800 ベリートゥベリー    牡3 未勝利 1:56.7 +1.0 --- +0.6 +0.4 D D
3R D1200 アイネクライネ    牝3 未勝利・牝 1:13.2 +0.3 --- +0.3 ±0 D D
4R D1800 セツナ    牡3 新馬 1:56.5 +0.4 --- ±0 +0.4 C C
7R D1800 レッドフォルツァ    牡4 500万下 1:55.2 +1.2 --- +0.8 +0.4 D C
10R D1800 アントニオピサ    牡4 下総SH1600 1:52.6 +0.2 --- -0.2 +0.4 C C
12R D1200 ウッドシップ    牝5 1000万下 1:12.7 +1.4 -0.4 +1.0 ±0 SL D

         

11RスプリンG2 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ロゴタイプ コメントなし
馬券Summary
中京競馬攻略法
後ほど
30% OFFセール
↑30% OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準