2013年1回阪神7日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、ほとんど良馬場で行われたが雨や風の影響で時計が掛かった日が多く、マイナスの数値だったのは初日と5日目だけだった。
 先々週の日曜は風の影響を強く受けてプラスの馬場差だったが、先週は土日とも風とか雨の影響を受けなかったですから、という訳で馬場差はプラスマイナスゼロになった。ただ、先々週の土曜の馬場差がマイナス0秒7だった事を思うと、馬場そのものは徐々に傷んできている。脚質的には先行・差し馬ともに連対していた。先々週と同様目立った傾向はなかった。ペースが遅ければ先行馬が残って、速ければ差しが届くというわかりやすい馬場傾向だった。今週から開催が替わるが、引き続きAコース使用で、来週からBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒2だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた2週目、風の影響を受けた6日目以外は水準か水準前後の数値だった。
 先々週の日曜よりも時計の出方は速くなった。それは風の影響を受けなかったからで、また土日で同じ数値ではなかったとは言え、同レベルの馬場差だったのは、この開催では初めてだった。脚質的には先々週よりも差しが届いていた。先行・差し混在だった1・2週目と同じ状況。今開催では3週目だけ先行馬が活躍して、それ以外は脚質に有利・不利のない馬場だった。ただし、先週の番組のポイントで話したように未勝利戦においては、前めにつけた馬が優勢だった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/03/16 (土)  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 グランプリナイト    牡3 未勝利 1:36.0 +0.4 -0.3 +0.1 ±0 C C
6R T1800 ラストグルーヴ    牝3 新馬 1:49.9 +1.2 -0.8 +0.4 ±0 D C
9R T2200 シゲルササグリ    牡4 淡路特別1000 2:14.0 +0.5 -0.4 +0.1 ±0 C D
11R T2000 レッドルーラー    牡3 若葉S 2:00.7 +0.1 --- +0.1 ±0 C C

2013/03/16 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 クリノチョモラーリ    牝3 未勝利・牝 1:55.0 +0.4 --- +0.3 +0.1 C E
2R D1200 トウケイムーン    牡3 未勝利 1:12.9 -0.4 --- -0.5 +0.1 B C
3R D1800 レッドクラーケン    牡3 未勝利 1:55.1 +0.5 --- +0.4 +0.1 D D
7R D1800 エーシンゴールド    牡3 500万下 1:52.5 -1.2 --- -1.3 +0.1 A C
8R D1400 サカジロスイセイ    牡4 500万下 1:25.6 +0.7 --- +0.6 +0.1 D D
10R D1200 ダッシャーワン    牡5 なにわS1600 1:11.6 +0.5 --- +0.4 +0.1 D C
12R D1400 タイキソレイユ    牝4 1000万下・牝 1:24.8 +0.6 --- +0.5 +0.1 D D

         

7R500万下
2着 ブロードソード 番組注目馬
次走注目馬。
 
6R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ラストグルーヴ コメントなし
7R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 エーシンゴールド コメントなし
7R500万下 番組注目馬
2着 ブロードソード コメントなし
馬券Summary
中京競馬攻略法
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準