ヒメカノ ダウンロード販売

2013年1回阪神4日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒8だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、初日はマイナスの馬場差だったが、2日目以降プラスの数値になっている。
 土曜は稍重でスタートして良まで回復したが、時計の出方は終日変わらなかった。馬場差は1日を通しての数値。週末大人しく阪神で観戦していた印象としては、道悪どうのこのと言うよりも、強風。直線の向かい風の影響が大きかったと推測できる。いずれにしろタフな状況下だった。そして日曜は少し馬場が乾いた分と風が止んだ影響で時計の出方は速くなった。っと言っても土日とも力の要る馬場である事に変わりない。脚質的にはスローの競馬が多くて、前残り傾向が顕著だった開幕週と比べると、差しも届いていた。結局、先行・差し混在で脚質による有利不利の少ない馬場だった。コース取り的には外ではなく、内を通った馬が有利だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒6、日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒5へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目よりも2週目の方が脚抜きの良いコンディションだった。
 土曜は風の影響を受けたが、前日の雨の影響が強くて脚抜きの良いコンディションだった。馬場発表は途中で変更されたとは言え、馬場差は1日を通した数値。日曜は変動となった。土曜よりも乾いてさらに日曜の中では、後半の方が乾いて水準に近づいて行った。とは言え、開幕週よりも時計が速くなっている点は要注意。脚質的には先行・差し馬とも連対していたが、意外と先行馬同士あるいは差し馬同士という決着が少なくて、先行馬と差し馬という決着が多かった。いずれにしろ、脚質の有利・不利は小さい馬場だった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/03/03 (日)  芝=+0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1800 ティアーモ    牝3 新馬・牝 1:50.7 +2.0 -0.8 +0.5 +0.7 D C
8R T1600 タマラマ    セ4 1000万下 1:35.0 +1.0 -0.3 +0.1 +0.6 C D
9R T1600 トウケイヘイロー    牡4 武庫川H1600 1:34.2 +0.8 --- +0.2 +0.6 C C
11R T1800 エアソミュール    牡4 大阪城SH 1:46.7 +1.5 --- +0.8 +0.7 D D

2013/03/03 (日)  ダ=-1.0 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 チャームドヴェール    牝3 未勝利・牝 1:53.8 -0.8 --- +0.2 -1.0 C E
2R D1200 カイシュウヤマト    牡3 未勝利 1:12.4 -0.9 --- -0.2 -0.7 C D
3R D1800 ナムララオウ    牡3 未勝利 1:54.0 -0.6 --- +0.4 -1.0 D D
5R D1200 スマートアレンジ    牝3 500万下・牝 1:12.0 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D
6R D1800 シゲルスターキング    牡4 500万下 1:53.2 +0.1 --- +0.9 -0.8 E D
7R D1400 サンクフルネス    牡4 500万下 1:24.6 -0.3 --- +0.3 -0.6 D C
  
10R D2000 ナイスミーチュー    牡6 仁川S 2:03.3 -0.5 --- +0.1 -0.6 C D
12R D1400 リバースターリング    牡5 1000万下 1:24.4 +0.2 --- +0.6 -0.4 D D

         

11R大阪城SH 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 エアソミュール コメントなし
馬券Summary
西エリアのダブル開催続く
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準