アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2013年2回京都6日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの数値だが、プラス1秒を超える日はない。2回開催になり、時計が掛かるなりに大きな動きはない。なお、3日目は雨の影響が残ったため、他の日より時計が掛かっている。
 ダートが金曜正午発表時で重馬場だったのに対して、芝は良馬場発表だったという事からもわかる通り、芝の方が雪・雨の影響が残っておらず、時計の出方も変わらなかったということ。なお、先週は4コーナーで内を開けて直線に入るジョッキーが多く内側が荒れて来たという事は当然判断できる。とは言え、という事になるが前の馬が馬場の4分どころとか5分どころを回って来ると、後続ではそれをさらに外を回らなければならいない事になる。こうなると外を通るロスがより大きくなる。また、連続開催の終盤になって外も荒れてきたんだと思う。日曜の後半を見ても、京都記念の様に外の馬同士で決まったレースもあるが、例えば10Rの様に内を突いたミルドリームが勝ったレースもあった。最終週の今週、ちょっとどうなるかわからないところが正直なところだが、あまり枠とかコースを気にしすぎず、予想を組み立てる時点では能力重視といきたい。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒4だった。ここまでの馬場差を振り返ると、2回開催に入ってから、全てプラスの数値で1週目が最も時計の掛かるコンディションだった。その後の2週は大きくは変わっていない。
 ダートは土曜の方が雨・雪の影響が残って、日曜と比べれば時計が出やすかった。っと言ってもどちらもプラスゾーンの上の話。特に大きく変わった訳ではない。あくまで、日曜と比べればということ。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/02/10 (日)  芝=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ヴィルジニア    牝3 新馬 1:50.8 +1.8 -1.4 -0.1 +0.5 C C
7R T1400 プリムラブルガリス    牡3 500万下 1:21.5 -0.5 --- -0.9 +0.4 A C
10R T1800 ミルドリーム    牡4 飛鳥S1600 1:47.9 +1.9 -0.4 +1.0 +0.5 SL C
11R T2200 トーセンラー    牡5 京都記念G2 2:12.5 +0.8 -0.6 -0.4 +0.6 B C

2013/02/10 (日)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ハヤブサユウサン    牝3 未勝利・牝 1:56.3 +2.0 --- +1.6 +0.4 E D
2R D1200 ディープジュジュ    牡3 未勝利 1:13.2 +0.2 --- -0.1 +0.3 C C
3R D1800 テイエムオオラジャ    牡3 未勝利 1:55.4 +1.1 --- +0.7 +0.4 D D
6R D1400 ピエナトップガン    牡3 500万下 1:25.9 +0.8 --- +0.5 +0.3 D C
8R D1200 ヒラボクダッシュ    牡4 500万下 1:12.4 +0.5 -0.1 +0.1 +0.3 C C
9R D1900 レッドグランザ    牡4 大津特H1000 1:58.9 +0.5 -0.3 -0.2 +0.4 C C
12R D1200 サウンドガガ    牝4 1000万下 1:12.0 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D

         

馬券Summary
先週の固め打ちジョッキー
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準