2013年1回小倉1日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。
 開幕の1週前辺りから気温が高めだったらしくて、洋芝が青々と茂った見た目には絶好のコンディションだった。ゲートの係員の足下なんか見てもらうとわかるが、大げさに言えば膝近くまで隠れるぐらいのフカフカとした状態だったと思う。マイナス0秒6という数値はそんなもんかと思われるかもしれないが、例えば昨年の開幕週2000m対象の数値はマイナス0秒2だった。というのも、小倉では一昨年暮れに開催があり、昨年の1回開催開幕週は中2週という事だった。一方今年の場合は、昨年の2回開催から5ヶ月ぶりだったという事で、コンディションは異なった。前残り、インコース有利は当然だが、特に1800m以上では後方待機馬もよく連に絡んでおり、落ち着いた流れの団子状態になると、逆に外からの一気の脚というのが炸裂していたという状況だった。また、1200mについてだが、こちらで流れが緩いと、今度はインコースが渋滞になりやすかった。ですから、それらを逆手に見るような視点での復習が効果的という事になる。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒3だった。
 7日の木曜日に凍結防止剤をまいた後に、金曜日に雪が降った。ドロッとした重いダートになるのかなと思ったが、初日の土曜は時計の出やすいコンディションだった。要するに極端に冷え込むような気温ではなかったというところが一つポイントなのかもしれないが、単純に軽い馬場となったという事。土日で数値の開きがあるという事と同時に、逃げ・先行馬の連対確率にも違いがあった事をセットにして覚えておきたい。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/02/09 (土)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ジンセイハオマツリ    牡3 未勝利 1:08.7 -0.6 --- -0.2 -0.4 C D
4R T1800 テイエムレンジャー    牡3 未勝利 1:48.5 +0.2 -0.3 +0.4 -0.5 D C
7R T1800 ショウナンマハ    牝5 500万下・牝 1:48.2 +1.1 -0.3 +1.3 -0.5 E D
8R T1200 ビットスターダム    牡5 500万下 1:08.4 -0.1 --- +0.3 -0.4 D D
10R T1200 ミリオンフレッシュ    牡3 かささぎ500 1:08.2 -0.5 --- -0.1 -0.4 C D
11R T2000 シーキングフェイム    牝6 壇之浦特1000 1:59.8 +0.6 -0.8 +0.4 -0.6 D D
12R T1200 ナムラハヤテ    牡4 巌流島特500 1:07.8 -0.7 --- -0.3 -0.4 B D

2013/02/09 (土)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 ヒカリユニキャスト    牡3 未勝利 0:58.6 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D
2R D1700 パーティブロッサム    牝4 500万下・牝 1:45.1 -0.3 --- +0.6 -0.9 D E
5R D2400 レッドデセーオ    牝5 500万下 2:32.5 -1.7 --- -0.4 -1.3 C D
6R D1000 トミケンスプリング    牝4 500万下 0:58.7 +0.2 --- +0.4 -0.2 D D
9R D1700 トーホウベスト    牡5 500万下 1:45.6 +0.2 --- +1.1 -0.9 E D

         

馬券Summary
先週の固め打ちジョッキー
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準