2013年1回中山5日目

馬場コメント
 先週は3日間開催だったが、月曜は雪のため4Rまでで中止となり、芝はレースがなかった。従って芝については通常の週と同じく土日のレースについて振り返る。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。Cコースに替わったここ2週の馬場差を見ると、マイナス0秒7かマイナス0秒6でほとんど動きはない。
 見た目には緑の部分がちょっとマダラになっていて時計が掛かりそうだが、実際には時計が掛かりだしたという事はなくて、先週も1週目とほぼ同じ馬場差だった。直線でどこを通ると有利という事もなくて、ペース次第では外からの差しも届いていた。月曜は雪のため芝のレース始まる前に打ち切りとなったので、水分を含んだ状態で競馬を行っていない。あの雨や雪の影響が今週の馬場に出るとは思えないので、引き続きCコース使用の今週もこの1週目・2週目と同じような馬場差で、同じような馬場状態だろうと思う。
 ダートについては月曜の4レース分についても振り返る。先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒9、日曜がプラス1秒0、月曜がプラス0秒8からプラス0秒2へと変動した。1200m対象の数値は土曜・日曜はプラス0秒3、月曜はプラス0秒1からマイナス0秒6へと変動した。まずはここまで10日間の馬場差を振り返ると、1800mについては5回中山では雨の影響を受け、脚抜きの良いコンディションの日もあったが、今年に入り時計が掛かっている。1200mは昨年の5回中山7日目と8日目は雨の影響で速い時計の出るコンディションだった。今年に入り、水準から少し掛かるレベルで推移して行った。
 見た目に砂が黒っぽくなっているが、これはこの1週前に散布した凍結防止剤が残っているためだと思う。黒っぽかったからと言って、含水率が上がっていた訳ではなくて、土日に関しては1週目よりも乾燥して、1800mも1200mもその1週目より時計が掛かっていた。時計が掛かる馬場で、なおかつ上がりが掛かるという流れが多かったためなのか、単純な前残りの競馬が非常に少なかった。
 月曜の馬場差1800m対象の数値は2Rがプラス0秒8で、4Rがプラス0秒2へと変動。1200m対象の数値は1Rがプラス0秒1で3Rがマイナス0秒6へと変動した。
前半の4つしか行われなかったが、頑張って馬場差は出した。朝から雨が降り続けて、4Rの前から雪に変わって含水率がどんどん上がって行ったので、馬場差は変動だった。1800mは2Rがプラス0秒8で土日とあまり変わらなかったが、4Rはプラス0秒2と1時間で0秒6も速い時計が出る馬場に変化して行った。そして1200mは1Rのプラス0秒1で3Rはマイナ
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/01/14 (月)  芝=設定不能
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML

2013/01/14 (月)  ダ=+0.8 → +0.2 1200m=+0.1 → +0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 アウトイン    牝3 未勝利 1:13.7 +0.7 --- +0.6 +0.1 D D
2R D1800 ドラゴンビューティ    牡3 未勝利 1:57.7 +1.8 --- +1.0 +0.8 E D
3R D1200 ヒュウガミズキ    牝3 未勝利 1:12.2 -0.8 --- -0.2 -0.6 C D
4R D1800 ガイヤースヴェルト    牡3 新馬 1:56.5 +0.2 --- ±0 +0.2 C C

         

馬券Summary
トニービン馬場
後ほど
HERO30%OFF
↑HERO30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準