2013年1回京都1日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。
 1回京都の芝というのはここ3年ほど同じパターンが続いていて、毎年同じ事を言っている気がするが、この開催は前の年の11月の5回京都開催というのがBコースとCコース使用で、つまりまるまる1開催の間保護されていた内側4mが解放されたAコース。見た目にこんなの久しぶりだなというぐらいもろにグリーンベルトが内側に発生していて、実際に上位に来たのも大半が内を通った馬だった。今開催の最後までAコース使用だが、恐らく1回京都の間は外を通る馬は苦戦が続くと思う。時計の出方は昨年の同じ開催、1回京都の1週目とほぼ同じだった。内が有利という点も含めて、昨年の1回京都と似ていると言うかほとんど同じ。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス0秒4へと変動、日曜がプラス0秒1だった。
 京都のダートも金曜日に凍結防止剤を散布していたが、実は凍結防止剤というのは、保湿剤みたいなものでして、実は先週金曜正午の時点で馬場が稍重だったが、そこに凍結防止剤が入って、その後雨は降っていないが、土曜の午前まで水分が保持されて稍重だった。中山のところでも言ったが、凍結防止剤をまいた後に雨が降ると時計が掛かる馬場になっりするが、先週のパターンだと水分が保持された状態なので、時計が掛かる馬場にはならずむしろ速くなった。稍重だった土曜午前中の馬場差はマイナス1秒0。その後少しずつ乾いて7Rと8Rはマイナス0秒7で、12Rはマイナス0秒4。そこからさらに乾燥した日曜日はプラス0秒1となったが、まぁまぁ速い時計が出る馬場が続いていた。勝ち馬に関しては大半が逃げ・先行馬だった。特に馬場差がプラスになって終日良馬場だった日曜日は1着6頭のうち5頭が4コーナー先頭か、2番手だった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/01/05 (土)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 イントレピッド    牡3 未勝利 2:01.9 -0.2 --- -0.1 -0.1 C C
6R T1600 メイショウヤマホコ    牡3 新馬 1:37.3 +1.5 -0.3 +1.3 -0.1 SL C
9R T2000 テイエムダイパワー    牡3 福寿草特500 2:01.4 +0.2 -0.6 -0.3 -0.1 C C
10R T1400 カイシュウコロンボ    牡5 新春S1600 1:21.6 +0.8 -0.3 +0.6 -0.1 D C
11R T1600 ダノンシャーク    牡5 京都金杯HG3 1:33.5 +0.8 -0.3 +0.6 -0.1 D C

2013/01/05 (土)  ダ=-1.0 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 サンライズトーク    牡3 未勝利 1:13.0 ±0 --- +0.7 -0.7 D C
2R D1800 タイセイウインディ    牡3 未勝利 1:54.8 +0.5 --- +1.5 -1.0 E D
3R D1400 メイショウロフウ    牡3 新馬 1:23.5 -2.6 --- -1.8 -0.8 A C
4R D1800 リーゼントブルース    牡4 500万下 1:51.7 -0.9 -0.3 -0.2 -1.0 C C
7R D1400 タイキソレイユ    牝4 500万下 1:25.0 +0.5 --- +1.0 -0.5 E C
8R D1800 フレイムオブピース    牡4 1000万下 1:51.6 -0.2 --- +0.5 -0.7 D C
12R D1400 トキノエクセレント    牡5 1000万下 1:23.6 -0.2 --- +0.1 -0.3 C C

         

3R新馬
1着 メイショウロフウ 番組注目馬
次走注目馬。
 
3R新馬 番組注目馬
1着 メイショウロフウ コメントなし
3R新馬 番組注目馬
2着 スマートレパード コメントなし
馬券Summary
1回京都の芝は内有利
後ほど
30%OFFセール
↑30%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準