【重要】今見ている画面は古い画面です。新しい画面でご覧下さい。

2012年2回東京9日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、6日目を除くとマイナスゾーンだが先々週・先週と開催が進むにつれ、速い時計が出やすくなっている。なお2回東京は6週の開催で、今週が最終週となる。今週からCコースに替わり、続いて2週間の開催の3回東京もそのままCコースが使用される。
好天にも恵まれた事もあって、時計の出方は先々週よりも速くなった。馬場差は土日ともマイナス1秒6。これは今開催の中で最も時計の出やすいコンディションだった。脚質的には内から真ん中辺りを通る差しタイプの馬が活躍した。逃げ馬が連絡みしたのは、超スローの土曜11Rと日曜の12Rのみだった。ただ、今週はCコースが使用されるので、先週の脚質傾向がそのまま当てはまるとは考えにくい。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は時計が掛かったが、3日目は雨の影響で時計が出やすくなった。4週目はプラスゾーン。先週は水準レベルと、週によって時計の出方は異なっている。
同じく良馬場で行われた先々週よりも時計の出方は速くなった。それでも馬場差は水準レベル。土曜がマイナス0秒1で、日曜がプラスマイナスゼロ。ただ、脚質傾向は微妙に変化した。差し馬がそこそこ活躍していた先々週と比べると、前残りの競馬が多かった印象だが、緩急の効いた流れになりやすい2100mだけは差し馬が台頭していた。
馬場差・基準タイム一覧

芝・ダート別表示

タイム分析 2012/05/19 (土)  芝=-1.6 2012/05/19 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML KT
1R D1300 フランチャイズ    牡3 未勝利 1:19.7 +0.1 --- +0.2 -0.1 98 C E 1:19.6
2R D1600 ワイワイガヤガヤ    牡3 未勝利 1:38.9 -0.6 --- -0.5 -0.1 105 B D 1:39.5
3R D1600 フィアレス    牝3 未勝利・牝 1:39.5 ±0 --- +0.1 -0.1 99 C E 1:39.5
5R T1800 ダイワアクシス    牡3 未勝利 1:47.5 -1.4 --- ±0 -1.4 100 C D 1:48.9
6R D1400 ゴールドゼウス    牡3 500万下 1:25.8 +0.4 --- +0.5 -0.1 95 D D 1:25.4
7R D2100 チャンピオンブルー    牡4 500万下 2:14.1 +1.9 --- +2.0 -0.1 80 E D 2:12.2
8R T1600 ゴールドカルラ    牝4 500万下 1:32.9 -1.9 --- -0.6 -1.3 106 B C 1:34.8
9R T1800 ウイングドウィール    牝3 カーネー500 1:46.3 -1.8 --- -0.8 -1.0 108 B C 1:48.1
10R D2100 ドレミファドン    牡4 丹沢S1600 2:10.4 ±0 --- +0.1 -0.1 99 C C 2:10.4
11R T1800 エーシンリターンズ    牝5 メイSH 1:46.4 +0.8 --- +1.3 -0.5 87 SL D 1:45.6
12R T1400 トゥザサミット    牡5 1000万下 1:20.5 -1.2 --- -0.1 -1.1 101 C D 1:21.7


         

2R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ワイワイガヤガヤ 序盤からワイワイガヤガヤがぶっ飛ばして、そのまま押し切った。序盤のハイラップが全体のタイムを押し上げた感が強くて、速いからと言って額面通り評価するのは危険かなと。ちなみのスグ後の3Rが牝馬限定の未勝利戦だったが、800mの通過ラップで2秒違う。もちろんこっちの方が2秒速いが、勝ち時計は0秒6速いだけ。いずれにしろ自分の形に持ち込めないとモロくて、昇級して即通用するかとなると疑問。
2着 サトノライトニング 正攻法の競馬でクビ差2着。3着馬には5馬身もの差をつけていますし、未勝利脱出は近い。
 
7R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
 
8R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 ゴールドカルラ 叩き2走目と未勝利勝ちの実績のある東京マイル戦でレースぶりが一変した。本来器用な立ち回りができるタイプですから、内枠に入ったのも良かった。クラス編成に伴って、次走も再度500万下に出走が可能ですから、距離は1600mよりさらに短くても良いと思う。
2着 ローレルソラン これは2着した新潟からの連闘だった。前走よりも展開は向いたが、今回は勝ち馬が強かった。次走以降も1600mなら大崩なく駆けてくれると思う。
 
9RカーネーションC タイムランクBのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
道中のラップは決して速くはなかったが、上がりの速さで時計全体を押し上げた点は評価できる競馬。
1着 ウイングドウィール 距離短縮でレース内容が一変した。2000mに使われたここ2戦よりもスパッと切れた。今回の内容を見ていると、やはりベストは1600mから1800mかなという感じはする。
2着 セコンドピアット これは直線で裁くのにちょっと手こずった。勝ち馬とはその分の差もあると思う。ただ、自身は追い込み一辺倒の脚質からちょっと脱皮した感がありますし、レースぶりに幅が出たのは収穫だった。
3着 ブリッジクライム カリバーンの下という良血馬だが、レースでも所謂勝ちに行く競馬をしての一旦先頭に立っての3着なので、休養効果は十分に伺える内容だった。
9着 ターフデライト これは出遅れが響いた。次走巻き返しは可能。
 
11RメイS タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスロー扱いとする。
 
馬券Summary
中井裕二騎手
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準