アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012年3回京都8日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差。特に2週目以降はかなり速い時計の出やすいコンディションが続いている。なお、3回京都も2回東京と同じく、6週間の開催。あと2週そのままDコースが使用される。
同じコースを使用していればそろそろ時計が掛かり出してもおかしくない。先週からコース設定が替わり、依然として超のつく高速馬場だった。残り2週天候が悪くならない限りは、急に時計が掛かって来る事はないと思われる。コース取りについては、内・外偏った傾向は見られなかった。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、ここまで全てマイナスゾーン。特に3日目以降は全てマイナス0秒6と馬場コンディションはやや時計が出やすいレベルで安定している。
繰り返しになるが、2週目以降は全て同じ馬場差でこの3週間に出走していた馬が、次走同じレースで対戦する場合は、そのまま時計比較が可能問いいうこと。先々週に続き、中団以降に居た馬の連対が目立った。通常の京都ダート戦よりは、差し・追い込みの効く馬場になっていると考えられる。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/05/13 (日)  芝=-1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T2000 マキハタテノール    牡3 未勝利 2:01.0 -1.0 --- -0.1 -1.7 C D
6R T1800 ゴーイングストーン    牡3 500万下 1:47.3 -0.5 --- +0.7 -1.7 D E
7R T1400 メイショウコウセイ    牡6 500万下 1:21.1 -0.7 --- +0.2 -1.7 C D
9R T1800 シースナイプ    牝5 パールS1600 1:46.4 +0.4 --- +1.1 -1.7 SL C
10R T1200 マコトナワラタナ    牝3 葵S 1:08.0 -0.6 --- +0.4 -1.7 D D
12R T1200 アルマリンピア    牝4 1000万下 1:07.9 -0.8 --- +0.2 -1.7 C C

2012/05/13 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 パールブロッサム    牝3 未勝利 1:24.2 -1.5 --- -1.0 -0.6 A C
2R D1800 エーシングッデイ    牡3 未勝利 1:54.4 +0.3 --- +0.9 -0.6 E D
5R D1200 ケージーハヤブサ    牡3 500万下 1:11.1 -1.0 --- -0.6 -0.6 B D
8R D1900 ゴールドルースター    牡4 500万下 2:00.4 +1.2 --- +1.8 -0.6 E E
11R D1400 ファリダット    牡7 栗東SH 1:23.1 +0.7 --- +1.2 -0.6 E D

         

1R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒0速い勝ちタイムだった。
1着 パールブロッサム 前回の番組注目馬。前走2着時に一戦毎に地力アップという事で、注目馬となっていた。今回はさらにパフォーマンスがアップして、横綱相撲のAランク勝ち。入着馬の着差がバラけているという点もこの馬の優秀さの裏付けと言えるかもしれない。昇級しても上位候補で、仮に次走が古馬との混合戦になっても有力だろう。
2着 サンクフルネス 展開が向いたとは言え、初のBランク相当をマークし、いつもより前めでレースができた点を評価したい。次走も注意したいところ。
3着 ミッキーヘネシー 展開が向いたとは言え、初のBランク相当をマークし、いつもより前めでレースができた点を評価したい。次走も注意したいところ。
4着 マサノボラーレビア 次走も注意したいところ。
5着 カラヤン かなり離されたとは言え、休み明けで万全ではなかった。次走も注意したいところ。
6着 フミノメルキオール この馬もヒシタイフーン同様、2・3着馬に今回は遅れを取ってしまった。ただ、この馬の場合は、前走上手く捌けていたのに対して、今回は出遅れた上に3コーナー辺りで詰まって上手く捌けていなかった。力を出し切れなかったと判断している。脚質的に不安はつきまとうが、要はハマるかハマらないか。そこで巻き返しという事になると思う。
8着 ヒシタイフーン 前回の番組注目馬。どうした事か直線入り口では早くも一杯になってしまった。ハナを切るまでに多少は脚を使っているものの、前走先着した馬が2着・3着に来ているだけに、ちょっと負けすぎ。調教師さんのコメントでソエが影響したかもと出ているが、定かではない。
 
2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
離された2着以下は一長一短で、即上位候補とできる馬は居なかった。
1着 ケージーハヤブサ 前半はナムラビームに絡まれる場面もあったが、4コーナーでこれを振り切ると、後は突き放す一方の大楽勝。時計はAに近いBランクだった。しかもこれで1200mは2勝2着3回のパーフェクト連対。ただし、昇級して距離延長の場合は、つまり不安という事でして、1200mならと言いたいところだが、古馬の1000万クラスに出走となると結構骨っぽい降級馬が出てくるという事になるので、メンバーを吟味して取捨を決めたいところ。
 
8R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
 
9RパールS タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
11R栗東S タイムランクEのレース
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
 
馬券Summary
初出走馬を要チェック!
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準