ヒメカノ ダウンロード販売

2012年1回新潟4日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2からマイナス0秒3へと変動、日曜がマイナス0秒6だった。直線1000mの馬場差は土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。まずはここまで2週の芝の馬場差を振り返っておく。1週目は土曜よりも日曜の方が時計が掛かり、2週目の先週は土曜よりも日曜の方が馬場が乾いて、時計が出やすくなった。ただ、4日間とも水準から大きくは離れてはいない。なお、1回新潟は3週の開催で、今週が最終週。引き続きBコースが使用される。
土曜は後半馬場が乾いて行き、後のレースの方が時計は出やすくなった。日曜はさらに馬場が乾いて、まずまず時計の出やすいコンディションだった。直線1000mも日曜の方が時計は出やすくなっていた。見た目にはかなりの砂埃が立っており、ちょっと馬場の傷みが進行したかなとも思えたが、脚質的にも極端な偏りはない。日曜には外差しに移行しそうな決着も連続したが、11R内回りの2200mでレース上がりが34秒6。いかにペースが遅いとは言え、まぁこの数字が出るのですから、まだ馬場は保っていると考えたい。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス1秒5、日曜がプラス1秒9。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておく。1800mは開催が進む毎に時計が掛かっている。一方1200mは1週目と2週目の比較では、2週目の方が掛かっているが、1800mと違い、先週は土曜の方が時計は掛かっていた。
1800mと1200mで時計の出方が比例しないというか、むしろ逆になって1200mでは日曜の方が時計が出やすくなっている。理論立てて説明はできないが、現にこうなっているので、ご注意くださいという事になる。先週の特徴は1200m戦で中団・後方に位置した馬の連対占有率が高かった事。未勝利戦では能力的なバラつきも関係しているのだと思うが、消耗戦の様相から先行勢がバタッと失速するケースが目に付き、新潟らしからぬ傾向となった。今後の見直しとしては当然厳しいペースで先行した馬たちという事になる。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/05/13 (日)  芝=-0.6 / 直線=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1400 オメガセニョリーナ    牝3 未勝利・牝 1:21.9 -0.6 --- -0.2 -0.6 C D
4R T2400 ローリングストーン    牡3 未勝利 2:28.3 +0.3 --- +0.3 -0.6 C D
5R T1800 サクラヴィクトリー    牡3 未勝利 1:46.5 -1.2 --- -0.7 -0.6 B C
7R T2000 ゴールデングローブ    牝4 500万下・牝 1:59.8 -0.2 --- +0.4 -0.6 D D
9R T1600 トウカイソニック    牡6 500万下 1:34.6 +0.7 --- +0.7 -0.6 D C
10R T1000 パープルタイガー    牡3 はやぶさ500 0:55.3 -0.1 --- ±0 -0.1 C D
11R T2200 オマワリサン    牡4 赤倉特H1000 2:14.3 +1.6 --- +1.4 -0.6 SL D

2012/05/13 (日)  ダ=+1.9 1200m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 スズカキングダム    牡3 未勝利 1:56.2 +1.9 --- ±0 +1.9 C D
3R D1200 アートオブキング    牡3 未勝利 1:12.6 -0.2 --- -0.4 +0.2 B D
6R D1200 シンビオシス    セ5 500万下・若 1:12.6 +0.7 --- +0.5 +0.2 D D
8R D1200 トーセンナスクラ    牡4 500万下 1:12.4 +0.5 --- +0.3 +0.2 D D
12R D1800 トルバドゥール    牡4 三条特別500 1:54.9 +2.1 --- +0.2 +1.9 C D

         

3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 アートオブキング 栗東坂路で53秒台がバリバリ出る馬。控えても味がないという事で、今回はダートの1200mを初めて使って、初めてブリンカーも装着して臨んだ。スタートはそこそこだったが、追っつけて2番手を取って、あとはスイッチが入ったぞという感じで絶対的なスピードで他を圧倒した。っと言ってもラップ自体は平均ですから、そこから上がりをまとめる新潟ダート1200mらしい勝ち方だと言えると思う。ですから、この記録が例えば次、コース替わりとかそういった所で確実に繋がって行くかと言うと微妙なところはあるが、この馬自身はかなりのポテンシャルを秘めている事は間違いない。
2着 ヒカリホクサイ 2戦続けて相手が悪かったという事も言える。器用さがない分、勝ち味には遅いがレースぶりは上達している。能力上位はここでも証明はしてくれた。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 サクラヴィクトリー 前半1000m通過58秒5のハイペースを3番手追走。手応えの良さ通りに前を早めに交わして残り500mぐらいからスパートだった。流石にちょっと速いかなと思われたが、残り200mから二枚腰の伸びを見せた。前走と同じ吉田隼人騎手とのコンビだったが、この前脚を余して負けた鬱憤を個々で晴らしたという格好。母が関東オークス勝ち、それからローズS・秋華賞でも2着だったサクラヴィクトリアという血統背景でもあり、今後の伸びしろを十分に感じさせる素材。
2着 レッドルイーザ しぶとく伸びたが、若干ジリっぽい所も感じられますし、馬体重が今回4キロ減だった。やはり馬体維持というのが、この馬には1つの課題となりそうな気がしている。
3着 ナスノシベリウス ジワジワとしか脚が使えないが、こちらは出来が良くなって来た。以前からイメージしていた通り、平坦向きで外回りの競馬も合っている。次走あえて狙うなら、こちらの方かなという気もしている。
 
8R4歳上500万下 注目レース・馬
3番人気ながら10着に敗れたタングルジャングルについて触れておく。
10着 タングルジャングル 番組注目馬
今回はスタートで躓くロスがあり、その直後だが、寄られてバランスを崩す場面も重なった。これで位置取りを悪くして、後半見せ場は作ったが、結局最後は嫌気がさしたかなという感じの競馬になってしまった。ですから、これらもろもろの後遺症というのは今後気にはなるが、まともならダート短距離で結果は出せるぞというイメージは十分に持てた。実際十分こう非常にピッチの効いたフットワークで走れていた。次走人気が下がる様だったら、妙味を求めて狙ってみたい。注目馬。
 
11R赤倉特別 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
馬券Summary
初出走馬を要チェック!
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準