ヒメカノ ダウンロード販売

2012年3回京都5日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス2秒0、日曜がマイナス1秒9だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で雨の影響を受けた2日目以外はかなり時計の出やすいコンディションになっている。特にここ2週はかなり高速馬場になっている。
特に3日目、つまり先々週の土曜以降は相当に時計の出やすいコンディション。先週の日曜は途中雨が降ったが、時計の出方は土曜とほとんど変わらなかった。ただ、先週は外を回って来た馬も、結構上位に来ていた。なお、3回京都は6週12日間の開催で、今週から後半3週はDコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。特に3日目以降は全てマイナス0秒6で変わっていない。
日曜は途中雨も降ったが、馬場差は終日と言うか、土日を通じて同じだった。つまり、天候の変化があっても時計の出方は変わらなかったという点が強調すべき事になる。また、脚質については中団・後方からの占有率が1週目・2週目より大幅にアップしているが、能力的なモノでして、馬場自体は馬場差が示している通り、変化していないと考えるのが妥当だと思う。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/05/05 (土)  芝=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 ハッピーアビラ    牝3 未勝利・牝 1:21.4 -1.1 --- +0.3 -2.0 D C
5R T2400 ブランクヴァース    牡3 未勝利 2:25.5 -3.0 --- -1.1 -2.0 A D
7R T1600 ブルーハーツクライ    牡3 500万下 1:33.8 -0.8 --- +0.2 -2.0 C C
9R T1600 ノーブルディード    牡4 六波羅特1000 1:32.3 -1.6 --- ±0 -2.0 C C
11R T2200 トーセンホマレボシ    牡3 京都新聞G2 2:10.0 -3.4 --- -1.2 -2.0 A D

2012/05/05 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 サンビスタ    牝3 未勝利・牝 1:55.2 +1.1 --- +1.7 -0.6 E E
2R D1400 エーシンフルパワー    牡3 未勝利 1:25.2 -0.5 --- ±0 -0.6 C D
3R D1200 オレハメジャー    牡3 未勝利 1:13.0 +0.2 --- +0.6 -0.6 D D
6R D1800 メテオライト    牡3 500万下 1:52.5 -0.7 --- -0.1 -0.6 C D
8R D1200 ラインオブナイト    牡6 500万下 1:11.9 ±0 --- +0.4 -0.6 D D
10R D1900 サンライズモール    牡5 桃山S1600 1:57.6 ±0 --- ±0 -0.6 C C
12R D1400 マイユクール    牝4 1000万下・牝 1:24.7 +0.9 --- +1.4 -0.6 E D

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒1速い勝ちタイムだった。
1着 ブランクヴァース 3走いずれも芝の2000m以上だった。ここ2走は2000mを超えるレースで好走していたというこのブランクヴァースは、地力も上位であれば、経験値も他を上回っていたという事だろう。しかも中盤でペースが落ちていたとは言え、前半は緩みなく進んで、展開の紛れもなかった。順当勝ちで2着以下を3馬身半以上離している。高速馬場という点を踏まえても、速いタイムだが、速いタイムをマークしたと同時にこういう高速馬場に対応したという点を後々のために覚えておきたい。
 
11R京都新聞杯 タイムランクAのレース
基準より1秒2速い勝ちタイムだった。なお、メンバーランクはDだった。
1着 トーセンホマレボシ ウィリアムズ騎手の持ち味である積極性により、この馬の能力がフルに引き出された格好だが、パドックの雰囲気からもこの馬が1番長距離適性が高そうという印象が持てた。ややハイペースという流れで、自分から勝ちに行く強い競馬だった。2月の未勝利勝ちの時には、まだ非力さがある分、前半はムリせず馬場の良い大外を選んでの勝利だったと解説したが、その真逆とも言える今回の超高速馬場もこの馬には向いていたのだと思う。この後の反動はちょっと怖いが、半兄トーセンジョーダンが先週の天皇賞・春で2着。遡れば昨年の秋にはジャパンカップで2番手追走から2着という成績を残している。ダービーでもそれなりに闘える血の背景があるという事。あくまで状態次第という事で、現時点では△候補の1頭としておく。
2着 ベールドインパクト 外外を回る形となったが、距離ロス自体はそれなりに防げていたと思う。直線の前半部分での伸び脚は抜群でしたし、こちらも高速馬場適性は示した。
3着 エキストラエンド スタートがアオり気味で、前半ややハミを噛むような格好での追走となった。経済コースを回って来たとは言え、本当に良い脚は100mぐらいしか使えなかった。未勝利では勝ち馬を負かしたこともあるが、今現在の伸びしろというところでは、少々見劣るのかなぁという気がしている。
4着 ククイナッツレイ 荒削りだが、ククイナッツレイの末脚も上々だった。これで4戦中3戦がメンバー最速の上がりとなる。これで4着までがディープインパクト産駒が独占したというレースにもなった。
5着 メイショウカドマツ 3番人気で5着。上積みがどうかなとちょっと微妙かなという気配でもありましたし、馬場適性の差であるとか道中の落鉄など、敗因は挙げられると思う。
7着 アドマイヤバラード 4番人気で7着。3コーナー手前で周りを囲まれる形となった。結果後手後手の競馬になっていた。一応ここまでが完全タイム差マイナスだった。
 
12R4歳上1000万下・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
 
馬券Summary
時代は回るが、傾向は続く!?
後で更新します。
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準