アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012年2回東京5日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がプラスマイナスゼロからプラス0秒2へと変動となった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、5日目つまり先週の土曜まではマイナスの数値だったが、日曜は水準レベルから今開催で初のプラスの数値となった。
まず土曜時点で雨の影響が残っていて、先々週の日曜つまり4日目よりもやや時計が掛かっていた。そして日曜は風の影響、そして終盤の雨の影響で土曜よりも時計が掛かり、プラスマイナスゼロからプラス0秒2へと変動した。相変わらず草丈の長いクッションの効いたコンディションが続いているが、先週の場合は風や雨の影響を受けた結果の数値である点に注意。連対馬の傾向は、特に1600m以下の距離では引き続き好位に位置した馬の占有率が高い。土曜の5R・7R・9R、日曜の4R・11R・12Rの6鞍が該当するが、好位から当然の様に内目を裁いて来る事が1番の好走パターンであったという事。なお、今週と来週はBコースが使用される。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜はマイナス0秒5、日曜はマイナス0秒4だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は時計が掛かったが、2週目以降はマイナスの数値。特に3日目はこの開催では最も時計の出やすいコンディションだった。
連対馬の傾向は土日で比較してみると、土曜の方が前残りの傾向が強く、中団・後方からの連対はなし。対する日曜は連対馬の半数が、中団・後方に位置した馬となっている。これは馬場差と言うより直線の向かい風の影響によるところが大きいと推測している。レース上がりの比較で行くと、土曜の方が総じて上がりは速く、日曜の方が総じて上がりを要していた事もこれと関連しているんじゃないだろうか。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/05/05 (土)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ジェイド    牡3 未勝利 1:35.8 ±0 --- +0.3 -0.4 D D
7R T1400 ボーイフレンド    牡3 500万下 1:22.0 -0.4 --- -0.1 -0.4 C D
9R T1400 セイウンジャガーズ    牡5 高尾特別1000 1:21.0 -0.7 --- -0.4 -0.4 B C
10R T2400 ノーステア    セ4 緑風SH1600 2:27.5 +2.0 --- +2.5 -0.4 E C
11R T2000 スピルバーグ    牡3 プリンシ 2:00.9 +0.4 --- +0.1 -0.4 C D

2012/05/05 (土)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 アドバンスコンドル    牡3 未勝利 1:26.1 -0.1 --- +0.3 -0.5 D D
2R D1600 レッドブルピサ    牡3 未勝利 1:38.8 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D
3R D1400 ローゼズガーランド    牝3 未勝利・牝 1:27.0 +0.8 --- +1.2 -0.5 E D
6R D1600 セイカフォルトゥナ    牝3 500万下 1:37.9 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D
8R D1600 サクラトップクイン    牝4 500万下・牝 1:38.6 +0.6 --- +1.1 -0.5 E D
12R D1300 コパノカーン    牡4 1000万下 1:18.1 +0.2 --- +0.6 -0.5 D D

         

3R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
 
8R4歳上500万下・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
9R高尾特別 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 セイウンジャガーズ 最近スタートが安定している事もあって、上手く好位を確保できた。道中は前を深追いせず、溜めを作り、結果上がり最速タイでまとめた。っと言ってもビュッと一瞬で切れるフットワークの持ち主ではありませんから、一呼吸早めのスパートをかけた内田博幸騎手の好判断も大きかったと思う。1年と5ヶ月ぶりの勝利ですから、つまり取りこぼしの多いタイプであるが、同じ東京の芝1400mで以前上の1600万下でも6着・2着という成績。当然圏内の扱いが必要だろう。
2着 サイレントソニック 完全タイム差マイナスのCランク相当だった。頭の高いフットワークで、ちょっと二拍子になりやすいと言うか、最後の詰めがもう一つというところあるが、原級の1400mまでなら力上位。何とか広いコースの開催が続いている内に結果が欲しいが、流れであるとか差し馬場であるとか、この馬向きにならないと勝ちきれるかどうかは疑問。
 
10R緑風S タイムランクEのレース
基準より2秒5遅い勝ちタイムだった。
雁行しての逃げとなったワールドブルー・アグネススターチにさらにポツンと離れてモズが3番手。そこからさらに離れて後続馬群という事で、13頭立ての競馬としてはやや異様な縦長な競馬となった。ただし、前の2頭でも実際は平均ペースの範疇だった。実質上位馬はスローから直線だけの決め手勝負でもあったので、参考外のEランクと考えて欲しい。
1着 ノーステア まだ伸びしろがある好素材。ベストはこの東京2400mになるが、いずれ重賞でも楽しませてくれるはず。切れ者ではないが、それ故にと言うか相手なりなところがありますから、人気が無くても常に気にしておいた方が良いタイプでないだろうか。
 
11RプリンシパルS 注目レース・馬
タイムランク・メンバーランク共に目立たないが、日本ダービーのトライアルですので、軽く触れておく。
1着 スピルバーグ 中だるみのスローとなったが、ペース補正が入ってのCランク。これは他の馬とは上がりの数値で一線を画す1着スピルバーグに対する評価と言っても良いが、レースの中身自体はさほど高くはないなという風に見ている。掛かり気味に動いて行った馬とか、それに併せてというか釣られてマクりを打っていった馬などを見て、スピルバーグにとっては、周りが勝手に自滅してくれた結果の楽勝かという気もする。このレースが本番に結びつくかどうか、ちょっと疑問と言わざるを得ない。
 
馬券Summary
時代は回るが、傾向は続く!?
後で更新します。
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準