2012年1回福島7日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスゾーンだった。2週目は雨の影響を受けたが、後半はコース設定が変わった事もあって、速い時計の出る馬場コンディションが維持されていた。特に最終週の先週が開催を通じて最も速い時計の出るレベルとなった。
最終週だけのCコース替わりが効果覿面だった事を表す数値。日曜の方が数値が落ち込むという事もなく、土日ともに同じ数値となった。表中のタイム差と馬場差でやや開きを感じられるかもしれないが、これは特に1800m・2000mといった中距離戦において、スローの競馬が多発した事によるもの。また、上位馬のコース取りについても日曜8R辺りでもまだ内の2分どころ3分どころを回って来た先行馬で決着していた。そして9R・11Rも同様のコース取りから直線で軽く外に出した馬が連対という事で、結局外差しになりかけそうなところで開催が終了したという印象。ざっくり言うと、インを回って来て、短い直線で一脚使えればOKだったというのが、先週の芝。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒6だった。こちらもまずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。芝とは対照的に開催を通じてプラスの数値だった。ただ、最終週の先週は3週目までと比較すると少しだけだが、時計は出やすくなっていた。
連対馬の傾向として強調するものはないが、先週もダート1700m戦は流れがゆるむことが多くて、馬券的にもやはり荒れ気味だった。何なら内枠で先行確実な馬と心中するぐらいの気持ちがあった方が良かったという感じもあって、その一方で人気どころの馬がごちゃつく展開に飲まれると言うのだろうか、後手後手に回って凡走というパターンも多かった。次の新潟に転戦して何か変わってくれれば良いが、新潟も結構前残り決着が多いというのがちょっと悩ましい。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/04/28 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 マイネサヴァラン    牝3 未勝利・牝 1:09.3 -0.6 --- +0.2 -1.4 C D
3R T1800 コスモユウチャン    牡3 未勝利 1:49.0 -0.2 --- +1.1 -1.4 E D
5R T2000 セプタードアイル    牝3 未勝利・牝 2:03.4 +1.1 --- +1.5 -1.4 SL D
6R T1200 トーセンムンク    牝3 未勝利 1:09.3 -0.6 --- +0.2 -1.4 C D
8R T2000 マイネノーブレス    牝5 500万下・牝 2:04.0 +3.2 --- +3.6 -1.4 SL D
10R T1800 ダイワマッジョーレ    牡3 ひめさゆ500 1:47.5 -0.9 --- -0.3 -1.4 C D
12R T1200 フレデフォート    牡5 土湯温泉500 1:08.4 -0.8 --- ±0 -1.4 C D

2012/04/28 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1150 ハルシュタット    牝3 未勝利 1:09.0 -0.5 --- -0.8 +0.4 A D
4R D1700 ラニカイツヨシ    牡3 未勝利 1:47.6 ±0 --- -0.4 +0.4 B D
7R D2400 ナンヨースラッガー    牡5 500万下 2:35.9 +1.2 --- +0.6 +0.4 D D
9R D1150 ロイヤルサルート    牡4 500万下 1:08.8 +0.3 --- ±0 +0.4 C D
11R D1700 ブルーソックス    牡5 飯坂温H1000 1:47.5 +2.3 --- +1.9 +0.4 E D

         

1R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 ハルシュタット 今回はスタートこそたまたま合わなかった感じだったが、最初の芝の部分のダッシュ力が抜群であるというのはこれまでと同様だった。逃げたヴァップも勝負かかりで、かなりハイペースで飛ばしたが、これを早めに捕まえて後は突き放したという競馬。まだ背中だとかトモが甘そうな印象を受けるので、平坦寄りのコースに変わったという事も大きいと思うが、夏のローカル開催で再び脚光を浴びる可能性がある馬。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
4R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
2着から4着までが完全タイム差マイナスとなるが、ここはあくまでメンバーランクがDという事。それぞれの扱いも引き続きメンバー次第としておくのが、無難ではないだろうか。
1着 ラニカイツヨシ 遅いわけではないが、淡々とした流れの内々3番手だった。直線で軽く前が詰まったが、これもむしろ脚が溜まってくれたかなという感じで、全てが上手く行った結果という気がしないでもない。時計的な進歩は認めるが、これまでの傾向もあくまで位置取り次第で、着順が変わっている。このギリギリのBランクだけでは、昇級初戦は半信半疑という評価になる。
 
5R3歳未勝利・牝 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
8R4歳上500万下・牝 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
10Rひめさゆり賞 注目レース・馬
1着ダイワマッジョーレについて。
1着 ダイワマッジョーレ 番組注目馬
2番手からきっちり脚を使って、競り合いを制した。ペース補正が入ってBランクに近いCランクの評価になった事も、1つの強調材料だが、ラップを見てわかる通り上がり800mからの持続力勝負だった点も見逃せない。この馬好走する時は常に小差というタイプだが、前走山藤賞でも際どく差し返しての2着としていた様に、接戦での勝負強さが魅力となる。京都とか東京ではなく、この福島コースを選んだことが正解でもあるが、流石はハイヤーゲームの半弟という血筋も含めて、上に上がっても馬券的な妙味ありと見ている。注目馬。
2着 クッカーニャ 4走前からずっと勝った馬の名前自体は名の通った馬ばかり。所謂物差し的な馬に使えるかどうかというのはまだ保留ではあるが、こちらも持続力を存分に活かした今回の好走。中距離馬としての前途は明るいんじゃないだろうか。
 
11R飯坂温泉特別 タイムランクEのレース
基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
4着 ジャンナ 1番人気で4着だった。何とか小回りに対応した先行策は取れたが、直線で前がなかなか開かず、不完全燃焼となった。4歳馬でして、この後降級も控えてますから、評価はあまり落とさない方が良いだろう。
 
馬券Summary
旬は間近!?杉原誠人騎手 4週連続V
後で更新します。
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準