ヒメカノ ダウンロード販売

2012年1回福島5日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒9だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておく。全てマイナスの馬場差。ただ、2週目は雨の影響で3日目終盤と4日目は水準に近づいた。
2週目に雨の影響を受けたが、先週はBコース替わりとなった事が大きく、依然として時計は出やすい。中間には芝刈りが行われ、また土日の推移においても数値がガクッと落ち込まず、まだ良好で速い上がりを出せるコンディションだったと言って良いと思う。連対馬の脚質についてだが、特に短距離戦を見ていただければおわかりの通り、偏りがなく、内も外も割と公平なコンディションに見えた。なお、最終週の今週はCコースが使用される。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒9だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、時計の掛かるコンディションが続いている。2週目は雨の影響を受けたが、時計は掛かっていた。
連対馬の脚質は特に偏りもなく、従来の傾向の範疇だった。ただ、触れておきたいのは1700m戦の完全タイム差が軒並み遅いという点。もちろん、メンバーの水準が低いことが主な要因だが、中だるみの単調なレース展開がやたらと目に付いた。レベルが低いですから、上がりでタイムを取り戻す事ができず、遅くなってしまうという傾向が強かった。その結果、前走から一変して大穴をあける馬が目立つというのも1700m戦で、馬券的にはかなり難しいカテゴリとなっていた。反面、狙って取りやすかったのが、1150m戦だったというのが先週の傾向で、これはこの後の番組活用例にも続く。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/04/21 (土)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
2R T1800 コスモグレースフル    牡3 未勝利 1:48.6 -0.6 --- +0.4 -1.0 96 D D
4R T1200 アグネスマチュア    牡3 未勝利 1:09.7 -0.2 --- +0.5 -0.7 95 D D
5R T2600 エボニーナイト    牡3 未勝利 2:39.7 -2.9 --- -1.5 -1.4 115 A D
7R T1200 ダイワスペシャル    セ4 500万下 1:08.6 -0.6 --- +0.1 -0.7 99 C D
9R T2000 シルクドルフィン    牡6 500万下 2:00.9 +0.1 --- +0.4 -0.3 96 D D
10R T1200 レディオスソープ    牝4 伏拝特別500 1:09.2 ±0 --- +0.7 -0.7 93 E D
11R T1800 オールザットジャズ    牝4 福島牝馬G3 1:46.1 +0.3 --- +1.3 -1.0 87 E D

2012/04/21 (土)  ダ=+0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1150 ツインクルスター    牝3 未勝利 1:08.9 -0.6 --- -1.1 +0.5 111 A D
3R D1700 マリーアルーア    牝3 未勝利・牝 1:49.5 +1.9 --- +1.1 +0.8 89 E E
6R D1700 ヴィーナススマイル    牝5 500万下・牝 1:46.8 +0.8 --- ±0 +0.8 100 C E
8R D1700 マイネルラピド    牡4 500万下 1:47.6 +1.6 --- +0.8 +0.8 92 D D
12R D1150 ヤマニンパピオネ    牝4 米沢特H1000 1:08.3 +0.4 --- -0.1 +0.5 101 C D

         

1R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒1速い勝ちタイムだった。
1着 ツインクルスター 回転の速いフットワークは持ち味。ここが叩き2戦目という事で、後藤騎手も実に強気だった。下手にラップを落とさず、後続に脚を使わせる逃げが絶妙で、結局気分良く走りきっての勝利。この馬と3着シェーンガルテンは前走でかなりのハイペースで先行していた訳だが、こういう馬を素直に狙うのが、1150mの攻略法だと改めて認識させられた。やり方はそれぞれだが、同じ日の古馬戦と比較して見るなど、個々のレースのラップの分析というのはやはり習慣づけておきたい。ただ、ツインクルスターの次走については、まだ番組的には番組選択が微妙と思われるので、とりあえず保留扱いとする。
2着 フラッシュパッカー スタートでごちゃついて、後手を踏んだのが誤算だった。距離損なく押し上げては来たが、もっと早く外めを持ち出せていれば、砂も被らずに済んだはずですから、着差ほどの能力差はないという見解になる。次走も有力視。注目馬。
3着 シェーンガルテン 同型が強すぎただけで、自身もBランク相当の時計で走れましたから、立派。スタートの上達により完全に軌道に乗っている。次走も展開一つだろう。
 
3R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒5速い勝ちタイムだった。
1着 エボニーナイト 急坂の阪神から平坦寄りの福島にコース替わりした事がプラスに作用した様。それにしても馬任せに好位につけて、勝負所から早め進出の強い勝ち方だった。ハッキリ相手が楽になった事で、開放的になったと言うか、パフォーマンスもフルに引き出せたのではないだろうか。特に2走前だが、2月26日阪神芝1800mの未勝利戦の0秒6差5着では、この馬自身の完全タイム差はマイナスを記録していた。当時の1着ショウナンカンムリが先日のはなみずき賞を勝利、また当時の3着のカポーティスターも先週の東京土曜8R新緑賞を勝っていて、それぞれ500万も通過している。この比較からこの馬も昇級して頭打ちになる事はないと思うが、やはりコース設定と相手関係には注意したいところ。現状では良馬場がベターの様。
2着 マイネルリヒト 勝ち馬と同様、比較的軽い馬場コンディションが味方した様子。戦績の比較からこちらはハッキリローカルコース向きだと思う。どんな状況でもという全幅の信頼は置けないが、今回は後半勝負をある程度意識した事が好走に結びついた訳で、出し入れが効く脚質である事は強みと言える。
 
9R4歳上500万下 注目レース・馬
7着だったレオパルドゥスを取り上げる。
7着 レオパルドゥス 1番人気を裏切ってしまったが、勝負所の3コーナー辺りから包まれ始め、ポジションがどんどん後ろになる。直線でもなかなかスペースが見つからず、最後わずかな隙間を狙って行くが、そこで再度前がふさがるという最悪の競馬になってしまった。これで前走に続いて、福島の競馬では何も良いことがなかったという事になるが、恐らく次新潟辺りに転戦して、外回りの競馬にでもなれば好走確率が上がる事は目に見えている。そこそこ人気が落ちるという前提で、改めて狙ってみる価値はあると思う。
 
10R伏拝特別 タイムランクEのレース
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
 
11R福島牝馬S タイムランクEのレース
タイムランクはE、メンバーランクはDだった。馬場差を踏まえると平均ペースの競馬だったが、やや小粒なメンバーにとってはちょっと消耗戦と言える流れだったかもしれない。飛ばして行った馬たちはもう4コーナーを前に既に後退して行って、早め進出のマイネイサベルめがけてオールザットジャズがスパートして行った。目一杯に勝ちに行ったので若干脚色は鈍るが、後続で伸びが目立ったのはコスモネモシンぐらい。内容的には完勝。
掲示板5頭の内の4頭がメンバーランクCだった中山牝馬S組であるという事、まずまず収まりの良い結果じゃないだろうか。
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
1着 オールザットジャズ 2月の1600万勝ちの時にも解説した通り、とにかくオールザットジャズという馬はレースの流れに乗るのが上手。今回も距離損なく追走できた分自分の脚をきっちり使えたという事。中山牝馬Sと同じ小回りのコーナー4回の1800m戦。こういう舞台が最適なのだろう。次走はヴィクトリアマイルだろうか、タニノギムレット産駒ですから東京でも走れるはずだが、G1レベルの1600m戦で長い直線、大きな試金石になるんじゃないかなと個人的には見ている。
2着 コスモネモシン 4番人気で7着に敗れた京都牝馬Sで触れた通り、小回り1800mが向くタイプ。今回は絶好の狙い目だったんではないだろうか。3着アカンサスの武豊騎手に上手く立ち回られて、4コーナーで蓋をされる様な感じでちょっと待たされたのが痛かったかなと個人的には見ている。
3着 アカンサス 出来も良かったが、メリハリをつけたレースができ、現状ではこれで精一杯かなという感じがする。もう少しゆったりとした小頭数の競馬の方が向くのかなという気もしてきた。
 
ポイント
復活!蛯名正義騎手
後で更新します。
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差