ヒメカノ ダウンロード販売

2012年2回阪神5日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの馬場差で時計の掛かるコンディションが続いている。ただ、プラス1秒以上か設定不能の日が続いていたが、先週日曜はプラス1秒を切る数値になった。
金曜日に雨が降ったので、雨の影響が全く無かった訳ではない。ただ、それまでの週と比較すれば、はるかに乾いたコンディションだった。連続開催の最終版らしい時計の掛かり方と言えるのかもしれない。コース取りは大ざっぱに言えば、外を回る馬が伸びてはいるが、内を通って来る馬が全くダメという事でもなかった。例えば、日曜10Rの大阪ハンブルクカップでも内を突いたユニバーサルバンクが勝っていた。ただ、最終週についてはホント正直なところわからない。内も外もない馬場かもしれない。
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナスの馬場差が続いているが、先週は水準に近づいた。
1回・2回の阪神を通じて、初めての終日良馬場。1回開催の6日目は重から稍重、馬場差の範囲はマイナス0秒1からマイナス0秒3だった事から、良馬場なら水準かプラスの馬場差になると想定していただけに、このマイナス0秒4は意外だった。先行有利には違いないが、全く差しが決まらないという訳ではなかった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/04/07 (土)  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1600 マンハッタンミート    牝3 未勝利 1:37.4 +1.7 --- +0.5 +1.2 95 D D
7R T1600 サンレイレーザー    牡3 500万下 1:35.0 ±0 --- -0.8 +0.8 108 A C
9R T2200 ヤマカツゴールド    牡6 白鷺特H1000 2:19.6 +6.1 --- +3.9 +2.2 61 S D
10R T2000 キャトルフィーユ    牝3 忘れな草 2:05.1 +4.3 --- +2.5 +1.8 75 S D
11R T1400 クィーンズバーン    牝4 阪神牝馬G2 1:21.9 +1.4 --- +0.7 +0.7 93 D C

2012/04/07 (土)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 メイショウオハツ    牝3 未勝利・牝 1:13.0 -0.3 --- ±0 -0.3 100 C D
2R D1800 アーサーバローズ    牡3 未勝利 1:55.3 +0.6 --- +1.0 -0.4 90 E D
3R D1400 タマラマ    牡3 未勝利 1:25.8 -0.4 --- -0.1 -0.3 101 C D
6R D1800 ホッコータルマエ    牡3 500万下 1:53.5 -0.3 --- -0.3 ±0 103 C D
8R D1200 カンファーネオ    牡5 500万下 1:12.4 +0.1 --- +0.4 -0.3 96 D D
12R D1800 キラウエア    牡5 1000万下 1:53.6 +1.3 --- +1.3 ±0 87 S D

         

2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
3R3歳未勝利
1着 タマラマ 前回の番組注目馬。これは楽勝だった。スタート後芝の部分の走りが良かったので、芝でもやれるとはM.デムーロ騎手の談話だが、やっぱりダートの方が安定感がある。タイムランクはCでも昇級しても通用する存在だと思っている。
 
7R3歳500万下 タイムランクAのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 サンレイレーザー 昨年の夏函館や札幌の芝のレースに出走していて、芝が初めてではなかった。ただ、2歳時の芝では詰め切れない内容だった。今回出足は良くなかったが、外めから早めに上がって行って先頭。直線内で粘っていたガンジスに競り勝った。オープンに昇級して即通用とまでは言い切れないが、メンバー次第では注意が必要だと思っている。
2着 ガンジス ここまで2走はダート1400mで1着と2着。初めての芝でも積極的に前に行って、サンレイレーザーに早めに並ばれてからも粘っていた。芝でもダートでも1400mから1600mなら引き続き上位候補。
4着 アドマイヤレイ 単勝1.9倍の支持を受けたアドマイヤレイは4着。直線バテた訳ではないが、伸びきれなかった。単純に考えれば距離短縮で1600mはこの馬にはやや短かったと、距離不足という可能性はあると思う。あとはここ2走オープンでの4着にしても、接戦という程でもなかったので、ちょっと人気を集めすぎていた感じがある。
 
9R白鷺特別 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
10R忘れな草賞 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
11R阪神牝馬S タイムランクはD、メンバーランクはCだった。
1着 クィーンズバーン 先頭のクィーンズバーンがそのまま逃げ切ってしまうが、まだ1600万条件の身だった。それが逃げ切り勝ち。前走同じ阪神内回り1400mのうずしおSではカトルズリップスをハナに行かせてこちらは好位から。で、前を捕らえきれずに0秒3差の3着だった。今回は逆にカトルズリップスを2番手に控えさせて、自分が自ら行ききったという事、これが勝因だと思う。このケースでの強さを立証した形でもあるが、G1目標の実績馬がそれぞれ本番を見込んだ仕上げだったという事、そのスキを突いた快走でもあったと思う。
2着 マルセリーナ 直線Mデムーロ騎手が右ムチを振るうと急に外に膨れてしまった。あのロスが痛かったと思う。それでも56キロを背負った脚は見せた。あとは12キロ馬体が減っていたという事、これをどうするか、あるいは逆に増やして行くかどうかこれが次走のG1への課題だと思っている。
3着 フミノイマージン 距離不足の1400mでここまで追い込んで来れば上々だと思う。この内容ならマイル戦についての反応も前走東京新聞杯4着の時よりも良くなると思う。十分にG1を狙えるだけの能力もある。
5着 スプリングサンダー 1番人気で5着。阪急杯2着とは違って今回は好位を取りに行く様な競馬をした。その分伸びを欠いた印象がある。やっぱり脚を溜めた方が良いタイプだと思う。
7着 アパパネ 稽古量は十分だったが、8キロ増。デビュー以来最大の馬体重でちょっと重かったと思う。当然叩いて変わる馬ですから、次は変わってくると思うが、昨年の使い出しのマイラーズC4着と比較すると、この状態でももう一伸び欲しかった気もする。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
ポイント
福島芝1200mは中京で先行した馬
後ほど
桃太郎30%OFF
↑桃太郎30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差