アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012年2回阪神4日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がプラス2秒3だった。ここまで8日間の馬場差を振りかえっておくと、先週の土曜が設定不能、そして他はプラス1秒を超える数値でかなり時計の掛かるコンディションが続いている。
土曜は雨の影響から稍重からスタートした。午前中はまとまった雨が降って、午後はおよそ10分おきに晴れたり雨あられが降ったりと、実に目まぐるしい天候に変化していった。タイム差があまりにも大きいので、設定不能とした。阪神も前開催から中山同様に雨の影響などで時計が掛かっているが、設定不能は初めての事。日曜は馬場差を設定できてはいるが、気温も低めで中山よりも乾きが鈍かったので、馬場差も大きくなっている。Bコース替わりだが、土曜日は外が伸びる馬場だった。日曜は基本的には同じだが、7Rのウエストエンド、9Rのアグネスワルツの様に、先行押し切りもあって、内か大外か極端なコース取りが功を奏していたと思う。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス2秒2へと変動、日曜がマイナス1秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスゾーン。特に前開催7日目以降は時計の出やすいコンディションとなっている。
雨の影響から土曜は変動だった。完全に高速決着の範囲で朝の1Rも2Rも速いが、6R以降はさらに高速化が進んだ感じがする。11RのコーラルSはレコードタイムだったが、馬場差を考慮に入れるとDランクに過ぎない。日曜は若干乾いたが、芝同様に気温が低い事もあって、まだかなり速い馬場だった。連対馬の脚質は逃げ・先行・好位・中団・マクりの何でもありと、全てを網羅していて、馬場が速いからと言って前が止まらないという事はなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/04/01 (日)  芝=+2.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 フラゴリーネ    牝3 未勝利・牝 2:06.5 +4.1 --- +1.8 +2.3 E C
7R T1400 ウエストエンド    牡4 500万下 1:23.6 +1.6 --- ±0 +2.3 C C
9R T1800 アグネスワルツ    牝5 難波S1600 1:48.7 +2.8 --- +0.7 +2.3 D B
10R T1400 シゲルスダチ    牡3 マーガレ 1:23.7 +1.9 --- +0.3 +2.3 D D
11R T2000 ショウナンマイティ    牡4 産経大阪G2 2:05.5 +6.7 --- +3.4 +2.3 SL B

2012/04/01 (日)  ダ=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 カシノチョッパー    牡3 未勝利 1:11.8 -1.5 --- -0.3 -1.8 B D
2R D1800 コスモアケルナル    牡3 未勝利 1:55.5 +0.8 --- +1.6 -1.8 SL D
3R D1400 プリュム    牝3 未勝利 1:24.9 -1.3 --- +0.1 -1.8 C D
6R D1800 アントニオピサ    牡3 500万下 1:51.8 -2.0 --- -0.2 -1.8 C C
8R D1800 ナイスミーチュー    牡5 1000万下 1:51.0 -1.3 --- +0.5 -1.8 D D
12R D1200 ケンエンブレム    牡4 1000万下 1:10.4 -1.3 --- -0.1 -1.8 C D

         

1R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 カシノチョッパー 4コーナーで内めに入って前との差を詰めて粘るタツショウワをゴール前で図った様に差しきった。これが12戦目、もちろん馬券の対象となったのは初めて。血統も地味な九州産馬。恐らく距離短縮が良かったのだろうが、勝たれてちょっとビックリする様な存在だった。タイム面はもちろん評価しなければならないのだろうが、昇級云々となると何とも言えない。
2着 タツショウワ 展開的に評価できるのはこの馬だろう。逃げるエイシントラベラー、外め3番手のイエスイットイズとほぼ雁行の先行争いを制して、粘り込みを図るところを差されたもの。内容的には強い競馬をしていた。これで2戦連続の2着。そろそろチャンスだと思うが、次走人気は確実だけに注目馬としては静観したいと思う。
 
2R3歳未勝利 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
3R3歳未勝利
8着 アクアブルーライト 前回の番組注目馬。休み明けで初ダート、ちょっと厳しかったが最後はちょろちょろ伸びていた。福島芝1200m辺りなら良いかもしれない。
 
5R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
 
8R4歳上1000万下
1着 ナイスミーチュー その週の追い切りでローズキングダムにぶっちぎられていた。それで厩舎側のコメントもちょっとどうかなという部分があったが、実際は直線鋭く伸びて1着だった。展開不問の差し脚は昇級しても通用のレベルにあると思う。
 
11R大阪杯 タイムランクSのレース
タイムランクはS、メンバーランクはBだった。
前半・中盤が遅く補正しきれず、スローの扱いとする。
1着 ショウナンマイティ 1000m通過1分5秒2のスローペースの中、ショウナンマイティは4コーナー最後方から大外に出して行く。外が伸びる馬場とは言っても、逆の展開をレースの上がりを1秒上回る推定上がりでまとめて差しきったのですから、実に強かったと思う。しかも2着以下には0秒2以上の差をつけている。弥生賞や青葉賞などのトライアルで負けて、皐月賞やダービーの出走が叶わず、菊花賞は8着と距離が長い印象があった。ただ、中距離の切れなら4歳世代でも光るモノがあった。内回りでこの差し切りですから、本格化したと見て良いだろう。先の宝塚記念が楽しみになって来た。
2着 フェデラリスト 好位で折り合いをつけて、前のトーセンジョーダン・コスモファントムを交わしたが、勝ち馬にあの脚を使われては相手が悪かったとしか言いようがない。それでも1番人気の責任を果たしている。中山記念を重で勝っているが、この馬にとってこの日の馬場はちょっと悪すぎた気がする。
3着 トーセンジョーダン 4コーナーではコスモファントムと併走で、引きつけての逃げだった。今回は若干急仕上げでしたし、叩いて変わる馬。一旦手応えを無くした様で、ゴール前はしぶとく差し返していたのは底力だと思う。次走は確実に良くなってくると思う。
4着 ローズキングダム 有馬記念でしぼんでいた体が戻って来ましたし、ゴール前はよく伸びていた。それでもジャパンカップ1着にはまだ遠いが、少し持ち直して来てはいると思う。
5着 ナカヤマナイト 渋い馬場はこなせる馬。ただ、全体的に成長力を欠くと言うか、このメンバーに入ると馬体を含めて力強さに欠ける印象がある。
6着 アーネストリー 有馬記念の事から、ハナには行きたくないという思いがあったんだと思うが、ちょっと外め中団で中途半端な形になってしまった。中間一頓挫ありましたし、こうした馬場も本質的には得意とは言えないんじゃないだろうか。
 
馬券Summary
土曜の中山は風の影響大
後ほど
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準