2012年3回中山4日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からプラス1秒1へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、設定不能の日が5日間続いた様に雨の影響を強く受けたが、先週は2・3回中山開催で初めて芝の馬場差にマイナスの数値が表示された。
毎週毎週同じ事を言っている様で恐縮だが、この中山は週末になると決まって雨。先週も土曜日は天気予報に雨マークがついていたので、心配していたが…。朝は良馬場でスタートした。しかし雨は午後1時頃から降り出して11Rから馬場発表が稍重に変わった。さらに厄介なのは、春一番の強風が吹いた事。馬場差は変動扱い。5Rは雨が降る前で、風を考慮に入れても水準よりは速く、雨が降ってからの8Rで水準に近づいて、10Rは雨+風のミニ台風状態。一気にプラスゾーンに突入した。11Rは風はほとんど治まっていたが、雨が逆に激しさを増したために、馬場差はさらに大きくなっている。土曜日の芝の4鞍中逃げ切りが2鞍あるのは、ペースの問題もさる事ながら、Bコース替わりも影響しているんだと思う。雨は土曜日の午後5時過ぎには上がったので、日曜日は芝が乾いて良馬場だった。馬場差は風の影響が無い分、土曜の最初の芝のレースよりは速くなっている。ペース1つで外からの差しも効いていた。残り2週もBコースで行われる。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒7からマイナス0秒5へと変動、日曜がマイナス0秒8からマイナス0秒5へと変動。1200m対象の数値は土曜がプラス1秒3、日曜がプラス0秒2からプラス0秒6へと変動した。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けて時計の出やすい日が多かったものの、マイナスの数値にバラつきがあった。そして先週の土曜は2回と3回開催で初めてプラスの数値が表示されている。
土曜の天候については、芝のところで触れたが、風が強くて水準よりかなり時計を要していた。ただ、追い風の直線部分を2度走る1800mと1度しか走らない1200mとでは、時計の出方が異なって、向正面が向かい風のために1200mは特に前半のペースが上がらない。このため1200mはプラスの大きい数値。後は雨で芝同様後半2レースは、それまでと一転し雨の影響を強く受けている。このために12Rはマイナス方向に転じて2400m戦の長距離戦だけに、数値も大きくなって行った。日曜は前日の雨の影響から、1800mは高速に近い数値で始まって、徐々に乾いていくというかなりわかりやすい傾向。ただ、1200mは風の影響を受けた土曜よりは速いが、プラスの範囲で進行した。後半乾いてさらに時計を要して行った感じがする。脚質的にはペースに関わらず、風の影響が強い土曜は逃げ馬には苦しく、逃げ切りは1例もない。一方日曜は、逃げ馬が3勝2着2回。土曜と一転して前残りが多かった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/04/01 (日)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T2200 ジェームズバローズ    牡3 未勝利 2:15.6 -0.8 --- -0.4 -0.4 104 B C
6R T1600 ロードラディアント    牡3 500万下 1:35.3 -0.1 --- +0.2 -0.3 98 C D
8R T2000 ヴァルナビスティー    牡4 500万下 2:00.8 -0.8 --- ±0 -0.8 100 C E
11R T1600 ガルボ    牡5 ダービーHG3 1:33.5 +0.3 --- +0.6 -0.3 94 D C

2012/04/01 (日)  ダ=-0.8 → -0.5 1200m=+0.2 → +0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 スフィンクス    牝3 未勝利・牝 1:12.8 -0.1 --- -0.3 +0.2 103 B D
2R D1800 ビックケン    牡3 未勝利 1:57.0 +1.2 --- +1.3 -0.1 87 E D
3R D1200 パーフェクトミー    牡3 未勝利 1:13.2 +0.3 --- +0.1 +0.2 99 C E
4R D1800 デルマスサノオ    牡3 未勝利 1:57.8 +2.0 --- +2.5 -0.5 75 E D
7R D2400 ローレルキングダム    牡4 500万下 2:40.8 +4.9 --- +4.2 +0.7 58 S E
9R D1200 トシキャンディ    牝6 春風S1600 1:11.6 +0.9 --- +0.5 +0.4 95 D C
10R D1800 ハタノヴァンクール    牡3 伏竜S 1:53.5 -0.4 --- -0.2 -0.2 102 C C
12R D1200 ウッドシップ    牝4 1000万下 1:11.7 +0.4 --- -0.2 +0.6 102 C D

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 スフィンクス 時計的には不良馬場で3着だった前走より今回の方が0秒4劣るが、馬場差を考慮すると今回の方が上になる。ここ2戦はスタート地点がぬかるんでいて、ダッシュがつかなかったが、今回はスタート地点の芝が前2走より乾いていたので、行き脚がついたのが勝因だと思う。昇級後も相手次第だと思う。
2着 デプロマトウショウ 前半プラッキーエリーナと競ったのが堪えた印象がある。牝馬限定の未勝利では上位で、この条件に出走なら次走はチャンスだろう。注目馬。牝馬限定戦を条件に。
 
2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
 
4R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より2秒5遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ジェームズバローズ 前々走ラスヴェンチュラスの勝ったタイムランクAの一戦で0秒1差の2着。前走は阪神でタイムランクCの0秒4差2着だったが、芝中距離の未勝利では上位の存在だった。今回は松岡騎手が2コーナーから逃げさせて、危なげなく押し切った。中盤で若干ペースが緩んだとは言っても、完全タイム差マイナス0秒4は優秀。ディープインパクトの牡馬。2000mから2200mなら昇級しても通用すると見ている。ただ、差しに回るとジリっぽい面がある。以前も見られたこと。ですから、あくまでもこの馬の場合は、先行する事が条件になると思う。
2着 ライトヴァース 0秒3差以上離された2着争いの3頭はタイムランクCに相当する。タイミング1つで未勝利を勝つ力があるが、反面タイミング1つで着順を落とす可能性もある。
3着 ドラゴンエイジ 0秒3差以上離された2着争いの3頭はタイムランクCに相当する。タイミング1つで未勝利を勝つ力があるが、反面タイミング1つで着順を落とす可能性もある。
4着 ハンサムボーイ 0秒3差以上離された2着争いの3頭はタイムランクCに相当する。タイミング1つで未勝利を勝つ力があるが、反面タイミング1つで着順を落とす可能性もある。
 
7R4歳上500万下 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
8R4歳上500万下
2着 アサクサポイント 前回の番組注目馬だった。自ら勝ちに行く競馬をして他馬の目標になったところはあるが、抜け出す時の脚は非常に速かった。メンバーランクEだが、この2着はちょっと注目しなければならないと思う。
 
10R伏竜S 注目レース・馬
1着 ハタノヴァンクール まだ外の後ろから3頭目に居るのがハタノヴァンクール。そこから一気に来る。これまでここを含めて5戦して芝は13着・15着という成績だが、ダートはこれで3戦3勝の負け知らず。向正面14番手からマクって4コーナー先頭の前走も強かったが、今回は4コーナーまで追っつけ追っつけの手応えながら、直線鬼脚を使って差し切った。スギノブレイドの半弟ですから、ダートが得意なのは当然だが、とにかく切れるという印象。イジゲンとは別の意味で、この世代のダート戦線の格と言える存在だと思う。
2着 キングブレイク スローペースの先行とは言っても、3着争いのエアハリファ・ダノンゴールドには2馬身半差をつけていた。前2走の様にマイナス1秒以上の馬場差のダートではなくて、水準に近い馬場差のダートでも好走できたのは収穫。これからも大きくは崩れないと思う。
 
11Rダービー卿CT タイムランクはD、メンバーランクはCだった。
1着 ガルボ 向正面で寄られて、一旦引っ張るところがあったが、中団で折り合いがついて直線外から鮮やかに差し切った。前走阪急杯は内に包まれて5着に敗れているが、1400mだと脚が溜まりにくい面がある。反面、このところ1600mではすっかり安定している。57.5キロでの勝利は素直に評価しなければなりませんし、状態も高いレベルで安定していて、一時の冬馬的なイメージも払拭してきた感じがする。今のガルボなら安田記念辺りでも底力負けしないと思う。
2着 オセアニアボス 後方追走から4コーナー内めを回って追い上げて、ラストまでしぶとく伸びて来た。距離適性はガルボとは逆で、1600mよりは1400mの方が良いが、状態の良さと立ち回りの上手さで今回は克服できた。
3着 ネオサクセス G2中山記念が56キロで5着、今回54キロのハンデのG3。これなら通用の裏付けがあったと思う。初めてのマイル戦も母系の近親にゲイリーマッハの居る血統から案外適性があったとも言える。いつも人気以上に走るタイプで、目が離せない。
5着 ダイワファルコン 好位のインで脚を溜めて伸びて来たが、外の馬に伸び負けしただけではなくて、逃げたツクバホクトオーも交わせないのは不満。距離も前は中山の1600m・1800mが良いと思っていたが、逆に今は1600m・1800mで凡走して2000mの金杯で2着している。距離適性も含めてちょっと信頼できない面が出てきた。
6着 アプリコットフィズ 出して行くと掛かる。今回もかなり掛かっていた。中山は走るが、その中山の京成杯AHの2着は折り合いがついたため。やっぱり広い東京の方が気分良く走れると思う。
15着 ベルシャザール 出遅れて回って来ただけといった印象。ただ、今回喉の手術明けで初めてのマイル戦。調教は動いていたので、まだ見限れないと思う。
 
ポイント
土曜の中山は風の影響大
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差