2012年2回阪神3日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がプラス2秒3だった。ここまで8日間の馬場差を振りかえっておくと、先週の土曜が設定不能、そして他はプラス1秒を超える数値でかなり時計の掛かるコンディションが続いている。
土曜は雨の影響から稍重からスタートした。午前中はまとまった雨が降って、午後はおよそ10分おきに晴れたり雨あられが降ったりと、実に目まぐるしい天候に変化していった。タイム差があまりにも大きいので、設定不能とした。阪神も前開催から中山同様に雨の影響などで時計が掛かっているが、設定不能は初めての事。日曜は馬場差を設定できてはいるが、気温も低めで中山よりも乾きが鈍かったので、馬場差も大きくなっている。Bコース替わりだが、土曜日は外が伸びる馬場だった。日曜は基本的には同じだが、7Rのウエストエンド、9Rのアグネスワルツの様に、先行押し切りもあって、内か大外か極端なコース取りが功を奏していたと思う。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス2秒2へと変動、日曜がマイナス1秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスゾーン。特に前開催7日目以降は時計の出やすいコンディションとなっている。
雨の影響から土曜は変動だった。完全に高速決着の範囲で朝の1Rも2Rも速いが、6R以降はさらに高速化が進んだ感じがする。11RのコーラルSはレコードタイムだったが、馬場差を考慮に入れるとDランクに過ぎない。日曜は若干乾いたが、芝同様に気温が低い事もあって、まだかなり速い馬場だった。連対馬の脚質は逃げ・先行・好位・中団・マクりの何でもありと、全てを網羅していて、馬場が速いからと言って前が止まらないという事はなかった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/31 (土)  芝=設定不能
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R T1400 サウンドマンデュロ    牡3 未勝利 1:25.9 +2.9 --- --- --- - D
5R T1800 トーセンギャラリー    牡3 未勝利 1:51.6 +3.0 --- --- --- - C
9R T2400 タムロトップステイ    牡3 アザレア500 2:32.7 +4.8 --- --- --- - C
10R T1200 クレバーサンデー    牡5 仲春特H1000 1:11.8 +2.9 --- --- --- - C
12R T2000 ナムラボルテージ    牝5 1000万下 2:07.2 +7.0 --- --- --- - E

2012/03/31 (土)  ダ=-1.6 → -2.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 シルクシンフォニー    牝3 未勝利・牝 1:56.3 +1.6 --- +2.2 -0.6 78 E E
2R D1800 テイエムオウショウ    牡3 未勝利 1:53.7 -1.0 --- +0.2 -1.2 98 C D
6R D1400 タイセイシュバリエ    牡3 500万下 1:22.8 -2.6 --- -0.9 -1.7 109 A C
7R D2000 マルカプレジオ    牡4 500万下 2:05.4 -1.1 --- +0.5 -1.6 95 D D
8R D1400 ヒラボクソング    牡5 500万下 1:23.5 -1.4 --- +0.3 -1.7 97 D D
11R D1400 インオラリオ    牡7 コーラル 1:21.5 -1.3 --- +0.4 -1.7 96 D D

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より2秒2遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳500万下 タイムランクAのレース
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。
1着 タイセイシュバリエ 今回が初ダートだった。芝でもG3のシンザン記念で0秒7差6着など500万下なら上位の存在だったが、クロフネ産駒なのでダートの適性が高かったんだと思う。4コーナーで逃げるローレンルーナを引っ張りきれない手応えで交わすとジョウショーキングに詰められながらも、一杯に粘り込んだ。完全タイム差はマイナス0秒9、オープンの1400mでももちろん通用するが、道中の行きっぷりの良さからすると1200mはさらに良い様にも思える。ただし、番組があればの話。将来的には記憶しておきたい。
2着 ジョウショーキング 前走初ダートで未勝利勝ち。ただし、タイムランクはEだった。余力があったとは言え、このレベルでクビ差2着するとは思わなかった。しかし、レースぶりは馬群の中でもひるまず、4コーナーでコーナーワークが少し不器用な感じのあったマラネロの内を上手くすくって、追ってからも良い脚で伸びるなど感心する点が多かったと思う。決してフロックではありませんし、タイムランク通りなら500万クラスで首位候補として良いのではないだろうか。注目馬。
 
9Rアザレア賞 注目レース・馬
全体のメンバーランクはCだが、伸びしろの大きい馬が多かったと思う。
1着 タムロトップステイ 2番手を折り合って追走して、追われてからの反応も良くて着差以上にゴール前は余裕も感じられた。中央場所よりメンバーが落ちがちな、小倉の新馬勝ちのために過小評価されているところがある。実際前走のアルメリア賞でも、この後毎日杯で2着するマウントシャスタとタイム差無しの3着ですから、このぐらいやれる力はあったという事。稽古はやればやる程動くし、530キロを超す大型馬の割に器用さもある。こうしたタイプはオープンに入っても、人気以上に走れると思う。
2着 アドマイヤフライト 中団の後ろから進んで前に位置したアドマイヤバラードと共に、比較的馬場の良い外を追い込んで来た。2走前の京都ではタイムランクAで勝ったクランモンタナに0秒1差の2着。そのクランモンタナがオープンのすみれSでベールドインパクトの2着という結果から比較すると、その後の進境を考慮に入れれば、オープン特別くらいなら通用する存在だと思う。上がり推定タイムは唯一の34秒台。まず500万下なら楽勝ではないだろうか。注目馬。
3着 アドマイヤバラード デビューから3着・2着・1着と来て、昇級の今回がタイム差なしの3着。父がハーツクライ、母がプロモーション。ダービー2着馬アドマイヤメインの半弟が一歩ずつ確実に力をつけて来ている。まだ馬体も大きく絞り込んでいないので、どこかできっかけを掴めばガラッと変わってきそうな存在。
5着 ファントムライト 稍重で勝った経験はあるが、この日の馬場が悪すぎた印象がある。伸びない内めに入ってしまった。
6着 ジャングルクルーズ 稍重で勝った経験はあるが、この日の馬場が悪すぎた印象がある。大外に出したが、元来跳びが大きくてのめっていた。普通の馬場なら見直しが必要だと思う。
 
ポイント
土曜の中山は風の影響大
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差