ヒメカノ ダウンロード販売

2012年3回中山2日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がプラス1秒3だった。連続開催なので、まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。雨の影響を強く受け、前開催5日目から先週の土曜まで5日間続いて設定不能。その他の3日間もプラス1秒を超える数値となっている。
くどい様だが、毎週毎週週末になると雨。先週も金曜日午前11時頃昼前の11時頃から、土曜の夜中の2時まで降り続いて、一旦止んだがレース中にも2ミリの雨があった。土曜の馬場発表は重だが、時計の出方は完全な不良馬場だった。先々週、さらにその前の週同様にタイムランクの表示が意味を持たないために、またしても設定不能になった。日曜は馬場が回復した。それでもかなり重いが、馬場差の設定が可能になった。土日ともに道悪巧者が活躍したのは言うまでもない事だが、ペースの緩急を別にすると、若干設定不能の土曜の方が差しが効いていた気がする。日曜は馬場が回復している時の特徴でもあるが、内の先行馬に有利な傾向が見られた。なお、今週からBコースに替わる。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒2。1200m対象の数値は土曜はマイナス1秒3、日曜はマイナス0秒8だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で脚抜きが良い日が多くなっている。ただ、1800mでは水準レベルの日もあり、全ての日が高速馬場という訳ではない。
雨の影響から土曜は1800m・1200mともに高速決着だった。日曜は少し乾いて、1800m・1200m共に土曜よりは掛かっていたが、それでも速い時計の出る馬場コンディション。脚抜きが良くて1200mは流石に逃げ・先行馬の活躍が目立ったが、1800mは力のある馬なら差しても追い込んで来れる馬場だった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/25 (日)  芝=+1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T2000 ブラインドサイド    牡3 未勝利 2:04.5 +1.4 --- +0.1 +1.3 99 C D
7R T1800 オペラダンシング    牡3 500万下 1:50.4 +1.3 --- -0.2 +1.5 102 C D
9R T2500 サトノエンペラー    牡6 安房特別1000 2:35.9 +1.4 --- -0.2 +1.6 102 C C
10R T2000 タムロスカイ    牡5 常総SH1600 2:03.5 +3.3 --- +1.2 +2.1 88 S C
12R T1200 エスカーダ    牡5 1000万下 1:09.6 +0.8 --- ±0 +0.8 100 C D

2012/03/25 (日)  ダ=-1.2 1200m=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 キーエキスパート    牡3 未勝利 1:55.8 ±0 --- +0.8 -0.8 92 D D
2R D1200 テイエムコウノトリ    牝3 未勝利・牝 1:12.0 -0.9 --- -0.1 -0.8 101 C D
3R D1800 ハーコット    牡3 未勝利 1:53.4 -2.4 --- -1.2 -1.2 112 A D
6R D1200 ヴェルティゴ    牡3 500万下 1:11.7 -0.5 --- +0.3 -0.8 97 D D
8R D1800 ヤマニンパソドブル    牝5 500万下・牝 1:55.0 +1.0 --- +1.9 -0.9 81 E D
11R D1800 サイレントメロディ    牡5 マーチSHG3 1:51.0 -0.6 --- +0.6 -1.2 94 D D

         

3R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒2速い勝ちタイムだった。
上位3頭が対象になる。
1着 ハーコット 2走前アメリカンダイナーの勝ったタイムランクAの鞍で0秒7差の3着。自身の完全タイム差はマイナス0秒9だった。前走はイジゲンの勝った、やはりタイムランクAの一戦で0秒7差2着だったが、完全タイム差はマイナス0秒6。今回の完全タイム差はマイナス1秒2となり、パフォーマンスアップしている。現状、今回の状態がベストに思えるので、これ以上の上がり目はないと思うが、このレベルでも500万下のダートなら有力候補。
2着 ガンガンユコウゼ 初ダート。芝はジリだったが、血統それからダートの南Dコースで好時計を出していたという事で、一変した。ダートの未勝利はすぐに勝てると思うが、まだ良馬場のダートは未知数でもある。その点注目馬にまではしない。
3着 ダッシュファイアー 前走8着は新人の山崎騎手という事で、ちょっと後方に包まれてしまって、かわいそうな競馬になってしまった。これは基準外だと思う。それまでに2着1回・3着2回を記録していたが、パフォーマンス的には平凡だった。今回のパフォーマンスアップは急速に力をつけたか、こういう馬場に適性があるかのどちらかだと思う。つまり、後者のケースだと乾燥した馬場では危険なところもあるので、こちらもまた注目馬とはしない。
 
8R4歳上500万下・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
 
9R安房特別 注目レース・馬
勝ったサトノエンペラーを取り上げる。
1着 サトノエンペラー 道中は好位の内で手応えが十分。直線で逃げるホウショウアマネを交わして、追い込んで来た2着シンボリボルドーに3馬身半差をつけた。直線では追っているが、ゴール前は完全に流していたので、余力十分だった。前走不良馬場の館山特別でも2着していうる様に、道悪も上手いんだろうが、途中2年と4ヶ月半の長期休養があった馬なので、レースを使いながら少しずつ良くなって行って、ようやく完全復調というか、むしろこのレースから一皮むけた感が強い。1600万下でも通用。良馬場でも問題ないと思う。
 
10R常総S 注目レース・馬
5着だったカルドブレッサを取り上げる。
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
5着 カルドブレッサ このレースは内有利な日曜芝、しかもかなりのスローペース。1000m通過63秒台。サトノシュレンの逃げをマークしたタムロスカイが抜け出して、サトノシュレンが内一杯に2着に粘った。続に言う行った行ったの競馬だった。カルドブレッサは5着だったが、2着から5着までがハナ・クビ・クビ差の中一番外を回って差して来た。展開とか日曜芝の傾向から言うと、かなり強い競馬をしている。昇級初戦で早くも目処を立てたとも言えると思う。次走は前進必至。実績のある東京や阪神・京都の外回りコースになれば、さらに確率が高くなる。ちなみにこの馬、前も番組注目馬にしたが、その時の次走は4着だった。その次に勝った。相性がちょっと悪いが、今度は決めたいと思う。注目馬。
 
11RマーチS タイムランク・メンバーランク共にDだった。
1着 サイレントメロディ 逃げたトーセンアドミラルが4着。4角好位に居たバーディバーディが3着に粘る流れを後方追走から、外を回って直線一気。切れたという印象。ただ、この馬は今回の様な重・不良のダートで4勝中3勝挙げている。乾燥したダートでは割引が必要なタイプだと思っている。
2着 メイショウタメトモ これは直線サイレントメロディを追ってしぶとく差して来た。4ヶ月半ぶりでも仕上がりは良かったですし、一連の交流重賞の実績から、先日の名古屋大賞典を圧勝したニホンピロアワーズ辺りと白山大賞典辺りを物差しにすれば、差のない能力があったという事。今回人気の盲点になっていた。
3着 バーディバーディ G1実績から58キロでもこのぐらい走っても驚けない馬だと思う。ただ、最近はスタートが悪くて、揉まれると競馬を辞めてしまう面があった。今回は初ブリンカーと外枠、そしてスタートを決めた事、これらの要因が重なり合ったものだと思う。
6着 シルクシュナイダー 直線で外のサイレントメロディに蓋をされる様なところはあったが、それからバラけてからの伸びもジリジリと言った感じだった。道中の行きっぷりもいつもに増して悪かったと思う。馬場状態とか初コース以上にちょっと疲れが出てきた可能性が考えられる。
 
ポイント
ダートの内田博幸騎手は完璧
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差