2012年2回中山7日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともに設定不能だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、その内数値を表示しているのは3日間だけ。他は設定不能としている。もちろん雨の影響が強く、開催を通してかなり時計の掛かる馬場コンディションとなっている。
先週も雨の影響を強く受けた。ただ、先々週つまり開催3週目は土曜が外差し、日曜が内を回った逃げ馬の粘りが目立ったが、先週は土日でガラッと傾向が変わる事はなかった。内も外もコンディションが悪くて、あまりレースで使われていない大外は伸びていた。改めてどうしてここまで、大きなタイム差になっているのか考えておきたいと思う。言うまでもなく、雨の影響で水を含んで、馬場が荒れているのが主な要因だが、週末になると雨が降って、その中レースが行われているので一層悪化して行ったと推測できる。そんな事言われなくてもわかっているよと突っ込まれるかもしれないが、こんな馬場になって総じて前半のペースが抑えられている点が二次的な要因だと思う。飛ばしてバテるとまずから前半抑えるけれども、後半のペースが上がらないと言うかペースアップできないのが今の馬場。上がりは速いラップでまとめる事ができないので、時計は輪を掛けて遅くなってしまう。そしてその日のコンディションによっては、いくら前の馬がバテていても、後続が追い上げる事ができず、前が粘ってしまうというのが、2回中山の芝だった。なお、今週から開催が替わるが、今週はもう1週引き続きAコース。馬場の傾向も大きく変わらないと見ている。Bコースに替わってさらに雨の影響を受けないとしても、荒れた馬場にどう対応するのかその適性を見るのが、3回中山の芝のレースで重要になってくる。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからマイナス2秒2へと変動、日曜がマイナス2秒0からマイナス1秒6へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒1からマイナス0秒8へと変動、日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒7へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響もあってほとんどはマイナスの馬場差。ただ、開催日によって時計の出方は異なる。同じ週で土日でほとんど時計の出方が変わらなかったのは開幕週だけ。
まず1800m、土曜は雨の中レースが行われて、後のレースになればなる程時計が出やすくなった。特に12Rになって、一気に高速化した。逆に日曜は前半の方が時計が一層出やすかった。とは言っても土曜ほど大きな幅ではないですし、1日を通じて高速馬場だった。1200mも変動の方向としては1800mと同じで、土曜は後になる程速くて、日曜は前半の方が時計が出やすくなっている。1800m程に数値は動いていない。脚質的には先行馬とマクって来るタイプの差し馬という決着が多かった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/17 (土)  芝=設定不能
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1800 ファイナルフォーム    牡3 未勝利 1:53.1 +3.3 --- --- --- - D
9R T1800 バイタルスタイル    牝5 鎌ケ谷特1000 1:53.1 +5.2 --- --- --- - D
10R T1600 ドリームバスケット    牡5 韓国馬事1600 1:37.6 +3.8 --- --- --- - C
11R T1800 オメガハートランド    牝3 フラワーG3 1:53.3 +4.9 --- --- --- - D

2012/03/17 (土)  ダ=±0 → -2.2 1200m=-0.1 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 セイカフォルトゥナ    牝3 未勝利・牝 1:56.5 +0.7 --- +0.4 +0.3 96 D D
2R D1200 エリクサー    牡3 未勝利 1:12.8 -0.1 --- ±0 -0.1 100 C D
3R D1800 プリュキエール    牡3 未勝利 1:56.9 +1.1 --- +1.3 -0.2 87 E D
6R D1200 コップヒヤザケ    牡3 新馬 1:13.4 +0.3 --- +0.7 -0.4 93 E D
7R D1800 アメリカンウィナー    牡3 500万下 1:55.1 +0.3 --- +0.4 -0.1 96 D D
8R D1200 フローラルホール    牝4 500万下 1:11.7 -0.2 --- +0.6 -0.8 94 D D
12R D1800 テープカット    牡5 1000万下 1:50.8 -2.4 --- -0.2 -2.2 102 C D

         

3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳新馬 タイムランクEのレース
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
 
9R鎌ヶ谷特別 注目レース・馬
3着だったソウルフルヴォイスを取り上げる。
3着 ソウルフルヴォイス 1000万なら能力上位としても、3走前に不良馬場で9着に敗れている事と休み明けの前走が7着だったという事で、1番人気とは言え単勝は3.2倍と断然の支持ではなかった。しかしレースでは馬群の中に位置して直線に入って、前にスペースがなく追い出しを待たされたが、外に出されてからの伸びは目立って2着ケープタウンシチーに同タイムハナ差の3着だった。やはり1000万下なら上位ですし、今回のレースぶりを見ると次走も荒れた馬場であっても評価を落とせない。
余談になるが、ソウルフルヴォイスは2走前にも同じ鎌ヶ谷特別で3着だった。昨年の鎌ヶ谷特別は秋の中山で行われたため。ちなみに、2走前の勝ち馬はフェデラリストで、その時から4連勝しているという事で、ソウルフルヴォイスもそこまでは厳しいとしても牝馬限定なら上のクラスでも戦える力はあると見ている。注目馬。
 
11RフラワーC メンバーランクはDだった。
1着 オメガハートランド 馬場が非常に悪かったが、このオメガハートランドだけは他の馬が道悪でもがき苦しむ中、一気に外から速い脚を使う。この馬実は3走前500万下を勝った時も道悪での競馬だった。結構回転の速いフットワークで走る馬なので、道悪は間違いなく上手だったと。ただ、一瞬の切れ味ももちろん持ち合わせているので、割と広いコースで長く良い脚使うレースよりかは、ちょっと中山と言うかもっと小回りのコースでスッと一瞬の脚を活かすような競馬が合うと思う。この馬まだキャリアも浅くて伸びしろもありますし、今後成長が楽しみな1頭。
2着 メイショウスザンナ ずっと内々を立ち回ったが、割とバテて来る馬が居て上手く捌けずに直線も追い出しを待たされる場面があった。その後開いてからはスッと伸びて2着は確保したという事で、どんな馬場・どんな流れになっても着実に対応できるタイプの馬なので、今後も大崩はないと考えて良いと思う。
4着 ヘレナモルフォ 差し馬が上位に来る展開の中、逃げて4着。結果馬券圏内から外れたが、他が全部差して来ている事を思うと、高く評価して良いと思う。これが良馬場ならもうちょっと粘りも増していたかなと思うので、内容的には濃かったかなと思う。
10着 マイネボヌール 3番人気に支持されたが、勝ち馬がマクって来た時に一緒に上がって行こうとしたが、そこで対応できずに一気に突き放されたという形なので、道悪は苦にしていなかったと思うが、反応の悪さが目に付きましたし、もうちょっと短い距離の方が良いのかなという印象が強い。
 
ポイント
後で更新します。
後ほど
ディープス30%OFF
↑ディープス30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差