2012年2回中山6日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差は土日ともに設定不能だった。まず、ここまでの馬場差を振り返っておくと、6日間の内初日と先週の土日は設定不能。その他の日はプラス1秒を超える数値。雨の影響でかなり時計の掛かるコンディションが続いている。
まず土曜日、芝では7Rまで雨が降り続いて、その後も雨の影響が強く残って設定不能とした。そして2回中山の芝が特殊なコンディションである事は日曜日こう一層表れているのかもしれない。というのはいくら土曜日が設定不能であっても、その後雨が止めば日曜は馬場差が大きな数値であってもプラス1秒台ぐらいで回復するもの。しかし、先週はそうはならずに、日曜も設定不能となった。要するにそれだけ元々のコンディションが悪かったという事になる。土日とも馬場差を出すとすれば、プラス3秒を超える数値になるので、今回は設定不能とした。そして、土日で上位馬の傾向は一変した。土曜の勝ち馬は5頭とも全て外を回った差し馬。しかし、日曜の勝ち馬5頭は前めにつけて内を立ち回って馬。7Rを除けば全て逃げ切りだった。同じ様に時計が掛かるコンディションだったとは言え、雨の降っていた土曜日と乾いて行く段階にある日曜とでは傾向が異なったという事になる。なお、芝は今週・来週と引き続きAコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒0だった。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差。この内1800m・1200mとも特に3日目はかなり時計の出やすいコンディションとなった。全てマイナスゾーンとは言え、時計の出方は異なるので注意。
特に土曜の1200mは時計の出やすいコンディションだった。前回の放送で3日目のダート1200mは相当に時計が出やすかった事を強調したが、それに近いレベルでしたし、脚質的には偏りはなく、差しも届いていたが、その辺りは強調しておきたい。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/11 (日)  芝=設定不能
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1600 ロードラディアント    牡3 未勝利 1:39.2 +3.1 --- --- --- - D
6R T1800 アサクサマジック    牡3 新馬 1:57.3 +7.2 --- --- --- - C
7R T2000 マイネルカーミン    牡3 500万下 2:08.7 +6.5 --- --- --- - C
10R T1600 ツクバホクトオー    牡6 東風S 1:36.8 +3.6 --- --- --- - E
11R T1800 レディアルバローザ    牝5 中山牝馬HG3 1:50.6 +4.1 --- --- --- - C

2012/03/11 (日)  ダ=-0.6 1200m=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 コンサートレディ    牝3 未勝利・牝 1:12.0 -0.9 --- +0.1 -1.0 99 C D
2R D1800 ミヤビエスペランサ    牡3 未勝利 1:55.4 -0.4 --- +0.2 -0.6 98 C D
3R D1200 ミルテ    牝3 未勝利 1:12.0 -0.9 --- +0.1 -1.0 99 C E
8R D1800 ナムラエメラルド    牝4 500万下・牝 1:54.7 +0.7 --- +1.3 -0.6 87 E D
9R D1200 メイショウツチヤマ    牡5 両国特別1000 1:10.4 -0.9 --- +0.1 -1.0 99 C C
12R D2400 アイアムイチバン    牡5 1000万下 2:34.0 -1.0 --- -0.2 -0.8 102 C D

         

8R4歳上500万下・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
 
9R両国特別 注目レース・馬
3着だったアーリーデイズを取り上げる。
3着 アーリーデイズ 長距離輸送もあるが、中間の調整過程が軽めだったにも関わらず体重は14キロ減って気配は今ひとつだった。レースでは好位を上手く立ち回ったが、最後一伸び出来なかった。やはり馬体減が影響したと見て良いですし、今後も調整に課題はあるが馬体回復なら次走は勝ち負けになると見ている。
 
10R東風S 注目レース・馬
メンバーランクは出走馬全体としてはEだが、触れておきたい馬が居る。
1着 ツクバホクトオー 芝での連対は2歳時2008年9月の新潟2歳S2着以来。実に3年6ヶ月ぶりという事で、その新潟2歳Sは不良馬場で、その後ダートで勝ち上がって来た事は改めて説明するまでもないと思うが、今回も時計の掛かる馬場で適性の差を示した。積極的に逃げの手に出たのも良かった。
2着 ネオヴァンドーム 京都の芝1800mの巧者。その内きさらぎ賞が冬場の荒れた馬場コンディションだった。前2走中山でも崩れず、さらに今回連対したのはこの馬も今の馬場に適性が高かったという事。
4着 テイエムオオタカ 次走に向けて注意したい。6ヶ月ぶりで32キロ増だったが、太くなかった。ただ、休養前は芝1200m戦で走っていたので、ブランクがあってなおかつ荒れた馬場で追いかける展開は厳しかった。それでもバテてはいませんし、次走特に距離短縮なら前進が見込める。
 
11R中山牝馬S タイムランクSのレース
1着 レディアルバローザ 押して行ってハナに立った。ピッタリとマークされたが、それなりのペースで運んだが、それでも最後まで脚色衰える事無く残った。この馬ピッチ走法で走る馬で、一見距離が保たなさそうなフットワークだが、意外と走らせたら距離が保つ。今回展開面を味方につけての勝利ではあるが、人気があまりなくなった時程怖いタイプだと思うので、今後もそういう形でレースを続けて行くんじゃないかなと思う。
2着 オールザットジャズ スタートして挟まれて後方の位置取りになって、中山の1800m芝で逃げ馬が勝つ展開だった事を考えると最後ホント良く差を詰めていますし、力をつけているのは間違いないですから、近い将来牝馬限定の重賞は勝つ馬と説明し続けて来たが、牝馬限定じゃなくても勝てるぐらいのレベルまで達したと思う。力をつけていて、これからが楽しみな馬。
3着 エオリアンハープ やはり中山の芝1800mという条件がこの馬にとってはベストだった。ただ、気づいた時にはこのレースで引退してしまうという事なので、産駒もその血を受け継いでいる事を期待して、数年後中山芝1800mに産駒が使って来た時に狙ってみたい。
5着 ホエールキャプチャ これはどう見るべきか。少しハミを噛んで力んでたのは間違いないが、展開的には逃げ馬が残るレースでしたから、この馬の場合メンバーが弱くなったから、即勝てるというタイプじゃないと思う。要するに強い相手でも、好走するけれども、弱い相手でもそこそこの時があるという馬なので、あくまで人気とのバランスを考えてから買うべきレベルの馬だと思う。
8着 アプリコットフィズ これは上手く走っている様に見えたが、道悪も恐らく苦手だったと思う。やはりここ3走マイルで結果を残して来た様に、やっぱり距離が1ハロン長いのかなという感じがする。次走もマイル戦に出走して来れば、狙い目としては成立すると思う。
 
ポイント
阪神も忘れるな!
後ほど
50%OFFセール
↑50%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差