2012年2回中山4日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス2秒1、日曜がプラス1秒3だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響でかなり時計の掛かるコンディションが続いている。特に初日は設定不能だった。
元々コンディションが良くなかった事に加えて、開幕週に雨が降って、さらに先週の週半ばの雪と金曜の雨で先週の開催時は雨が降らなくても特に土曜日はかなり時計が掛かっていた。ただし、開催の後半に見受けられる様な荒れた馬場で外差しが効くという類ではなくて、土曜の芝は内枠から内を立ち回った馬が上位進出するというケースが目立った。土曜の芝4鞍の連対馬8頭は全て1桁の馬番だった。さらにその内7頭は6番以内の馬番だった。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒7、日曜がマイナス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒6、日曜がマイナス0秒8だった。まずここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、ダートは全てマイナスの数値。特に3日目、つまり先週の土曜は脚抜きが良く、かなり速い時計の出やすいレベルだった。
先週の土曜はかなり時計が出やすかった。まず1200mでマイナス1秒6という数値は、相当に時計が出やすいレベルだった。日曜のマイナス0秒8にしても、速いレベルですので、土曜の1200mは超のつく高速馬場だったと見て良い。一方1800mについては、日曜日は水準に近づき、ここまで4日間で見ると最も時計が掛かっていた点に注意。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/03/04 (日)  芝=+1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2200 ミッキーナチュラル    牡3 未勝利 2:19.0 +2.6 --- +0.2 +1.3 C C
6R T1600 タンゴグラチア    牝3 新馬 1:37.8 +1.4 --- ±0 +1.3 C D
9R T1800 トーセンジャガー    牡4 富里特H1000 1:49.7 +1.8 --- +0.6 +1.3 D D
11R T2000 コスモオオゾラ    牡3 弥生賞G2 2:03.9 +2.4 --- +0.1 +1.3 C C
12R T1200 マイネルロガール    牡4 1000万下 1:09.5 +0.7 --- -0.1 +1.3 C D

2012/03/04 (日)  ダ=-0.4 1200m=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 スピーディードータ    牝3 未勝利・牝 1:12.6 -0.3 --- +0.5 -0.8 D E
2R D1800 キングザブルース    牡3 未勝利 1:56.4 +0.6 --- +1.0 -0.4 E D
3R D1200 デルマダイコク    牡3 未勝利 1:11.7 -1.2 --- -0.4 -0.8 B D
7R D1200 キンシザイル    牡3 500万下 1:11.6 -0.6 --- +0.2 -0.8 C C
8R D1800 ヴァルディヴィア    牡4 500万下 1:53.9 -0.1 --- +0.3 -0.4 C D
10R D1800 マイネルオベリスク    牡5 上総S1600 1:51.6 -0.8 --- -0.4 -0.4 B B

         

2R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 デルマダイコク 今回はゲートを普通に出た時点で勝利の期待値は大幅にアップした。余力たっぷりに2番手を追走して、後は逃げ馬を交わすだけという感じのレースで、結果もその通りになった。2着に4馬身差でBランクの完勝ですから、昇級しても通用のレベル。
2着 テイエムコウノトリ マイナス12キロは絞れたモノ。強い勝ち馬にマークされるキツい競馬で、最後は苦しくなって3着フラッシュパッカーと1/2馬身差だった。とは言え、2着は安泰だった。1200mに短縮したのも良かったですし、引き続き上位候補。
 
7R3歳500万下
4着 タニセンジャッキー 前回の番組注目馬。仕上がりは良く見えたが、行きっぷりが悪すぎた。中団の後ろからになるとは想定の範囲外だった。どうにもならないという所から、最後は小差まで来たが、叩いた次走は巻き返すと見ている。
 
10R上総S タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
少頭数ながら粒揃いでメンバーランクBの一戦だった。中山の巧拙の差が結果に結びついた。
1着 マイネルオベリスク 先行力を武器に右回り、特に中山ではパフォーマンスを大きくアップさせる馬。中山巧者というだけではなくて、着実に地力もつけている。次は恐らくマーチSで重賞初挑戦という事になると思うが、自分の形でレースができれば連対する可能性はかなりあると思う。
2着 サイオン どこのコースでも安定して走るが、特に中山が最適。これで中山ダートは1着2回・2着2回・3着1回、着外1回。距離も1400mでも1800mでも能力を出し切れるという珍しいタイプ。っと同時に2着・3着が多い様にワンパンチ足りないのも事実なので、単勝よりも2着・3着付けで買い続けるのが得策かなと思う。
3着 ドレミファドン このメンバーではいつものレースではキツいかなと見たのか、意識的に早め中団からのレースだった。そのため、いつもの様な切れが見られず、ジリジリと言った感じで伸びて来た。現状は能力を全開するには広いコース、特に東京がベターだと思う。ただ、今回の様な競馬でレースを覚えて、いずれは間違いなくオープン馬となる器。
4着 グリッターウイング この馬一叩きして気配は間違いなく前走以上だった。ただ、今回は1枠が災いして動きたい時にスッと動けなかった。スムーズなレースができれば、次走は上位候補。
5着 クリュギスト 楽なメンバーならまだしも、このメンバーで坂のある1800mではやはりラストが甘くなる。楽なメンバーかもしくは、小回りの1700mなら巻き返せると見る。
 
11R弥生賞
タイムランク・メンバーランク共にCだった。
4コーナー回る映像を見てもらってもわかるが、内・外にズラッと広がってしまう。こうなると中山内の馬がやっぱり圧倒的に有利。外回った馬は伸びそうで伸びない。
1着 コスモオオゾラ 本当内々を上手く立ち回った。馬込みに入れて脚を溜めて、直線向いてからスッと抜け出した。道悪も恐らくこの馬フットワーク的には得意ですから、道悪と枠順と出来の良さと好騎乗全てを上手く活かしての1着かなという感じはする。
2着 トリップ これは行きたがるのをこの馬も2番枠という好枠を利して上手く脚を溜めた。ただ、休み明けでまだ仕上がりとしては7・8分だったと思うので、次走に向けての上積みは大きいと思う。
3着 アーデント 引っかかる面というのが凄くマシになって来ている。今回も4番枠でインに入れてずっと脚を溜めて、若干追い出しが少し遅れた場面はあったが、それでも最後はもう一度詰めて来ましたし、次皐月賞使うとなると3回連続中山の2000mなので、非常にコース慣れというのが見込めると思うので、これも混戦になればなる程チャンスが出てくるタイプかなという感じがする。
6着 フェノーメノ 今映像でも見たとおり外を回ってしまうと辛い。そういう中にあって、外からこの馬とエクストラエンドは差を詰めて来ているので、これはちょっと皐月賞本番になって、ペースが速くなれば出番があるのかなという感じがする。
8着 アダムスピーク 馬込みでちょっとごちゃごちゃしてしまいましたので、今回1番人気支持されたが、まだキャリア2戦の馬ですから、様々なパターンを経験していなかった弱みというのが今回出ただけなので、内容的には今回は不利があったと言うか、包まれたという事が敗因だと、そのまま額面通り受け止めて良いと思う。
14着 ブリスアウト 前回の番組注目馬だった。これは自己条件出走ならという条件で推奨していた馬なので、1戦1勝で流石に弥生賞というのは甘くなかったという感じだが、次も自己条件出走してくれば十分チャンスのある馬だと思う。
 
馬券Summary
本当の中京攻略法
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準