ヒメカノ ダウンロード販売

2012年1回東京7日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、風の影響を受けた1週目以外は全てマイナスの馬場差だった。ただ、速い時計が出るという程のレベルではない。また、開催の後半は水準レベルに近づいて行った。
馬場差は水準方向へ推移したが、連対馬の傾向に顕著な傾向は見られなかった。3週目と同様、コンディションよりは流れが支配する競馬の方が多かったと思う。土曜は4鞍全てがスローペースの競馬だった。直線でも密集した状態になりやすく、ごちゃついて脚を余す馬が目に付いた。従って、返って外から一本道での差し・追い込みが決まりやすいという側面もありましたので、芝のコンディション自体は内も外も割と公平だったと思う。その証拠に日曜7R・9R・10Rにおいては逃げ馬が2勝した事もあるが、ハッキリ内を回って来た馬とハッキリ外を回ってきた馬が1頭ずつ連対するパターンだった。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス1秒2、日曜がプラス1秒0だった。この開催は全てプラスの馬場差だった。特に2週目以降はプラス1秒台で、かなり時計の掛かるコンディションだった。
この中間は火曜に少量の雨を記録しただけで、金曜正午で良馬場発表だった。金曜夜に雪が降ったわけだが、カラカラではなくて見た目にもパサッとした印象のダート。そして風が強く吹けば砂埃も立つ様なコンディションだった。連対馬の脚質には極端な偏りはないが、その一方東京向きの決め手勝負タイプもしっかり活躍していた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/02/18 (土)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1800 タイセイグルーヴィ    牡3 未勝利 1:49.9 +0.8 --- +0.3 +0.5 97 C C
9R T1600 チャームポット    牝6 初音S1600 1:34.6 +1.0 --- +1.1 -0.1 89 E C
11R T3400 ケイアイドウソジン    牡6 ダイヤモHG3 3:36.8 +6.7 --- +5.9 +0.8 41 S C
12R T1800 カルドブレッサ    牡4 1000万下 1:48.6 +1.6 --- +0.7 +0.9 93 D C

2012/02/18 (土)  ダ=+1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D2100 トニーポケット    牡3 未勝利 2:17.7 +3.5 --- +1.2 +2.3 88 S D
2R D1400 クラウディーハート    牝3 新馬 1:28.9 +2.4 --- +1.3 +1.1 87 E D
3R D1600 フジキラメキ    牝3 未勝利・牝 1:41.2 +1.6 --- +0.4 +1.2 96 D D
6R D1400 カリスマアキラ    牡3 500万下 1:27.1 +1.6 --- +0.5 +1.1 95 D D
7R D1600 ハタノゼフィロス    牡4 500万下 1:39.3 +1.3 --- +0.1 +1.2 99 C C
8R D1400 ゴールドバシリスク    牡5 1000万下 1:25.7 +1.5 --- +0.4 +1.1 96 D C
10R D1600 フリートストリート    牡3 ヒヤシン 1:38.7 +0.8 --- -0.4 +1.2 104 B C

         

1R3歳未勝利 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
2R3歳新馬 タイムランクEのレース
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳500万下 注目レース・馬
5着だったカフェシュプリームを取り上げる。
5着 カフェシュプリーム 今回が5ヶ月ぶりの実践、見た目にはややおつり残しの馬体だった。大型馬故にスタート自体は平凡だったが、二の足は上々で先行して行き、最後までバタッと失速する事なく走り切れた。前を交わせず、後ろに差されていますから、確かにズバッと良い脚を使うタイプではないが、今回は休み明けと距離が200m伸びていたという厳しい状況設定。デビュー戦がかなりのハイペースを押し上げて、タイムランクBでの勝利だったという本根。それから次走はその中山替わりになることが濃厚である点からも、パフォーマンスは上がると見ている。注目馬。ただし、次走が中山ダート1200m出走ならという注文をつけておく。
9着 ミルキーブロード 前回の番組注目馬だった。これは選択ミスという意味でのショックが大だった。今回は流れにマッチした中団追走かなと思っていた。4コーナーで前の馬との距離が開いて砂をかぶり出すと、みるみる手応えが怪しくなった。直線では馬体接触もあって万事休すだった。ちょっと精神面での弱さを露呈しているので、もっと極端な競馬の方が合うのかなという気がする。
 
9R初音S タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
普通のスローペースの範疇だった。その割にレース上がりは落ち込んで行く形の決着。ペース補正が入らずEランクとなったが、牝馬限定戦にしてはメンバーは水準レベルにあった。簡単に言えば、前2頭を楽に行かせすぎて、その距離感が開きすぎた結果の凡戦という風に見ている。能力比較をする上では参考外という意味のEランクと解釈してほしい。ちなみに東京の芝2000m以下で1000万下より上のクラスかつ9頭立て以下というレースに限定して傾向を見ると、言わずもがな逃げ馬の勝率は高く、そして前残りになりやすいという事を付け加えておく。
 
10RヒヤシンスS タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
このレースは2ハロン目に続いて3ハロン目も11秒台のラップが刻まれ、前半が速く対照的に中盤がガクッと緩んだ流れだった。これで速い上がりを要求されると、ちょっと先行馬は辛かったんじゃないだろうか。0秒5差の8着キズマよりも上位に来ていて、流れに乗っていた馬達にはそれぞれ、それなりの地力を認める事ができる。
1着 フリートストリート 前走時でも番組で取り上げた通り、レースセンスが非凡。いくらか力んだり4コーナーでしごかれたりと言っても、初めてのコーナー2回に対応して、危なげがなかった。距離が異なるとは言え、同じ日の8R古馬1000万下1400m戦よりレース上がり自体は速かった。パドックで見比べてみても引き締まって垢抜けた馬体はちょっと抜けていたと思う。このまま無事にユニコーンSまで駒を進めてほしい。
2着 ゲンテン スタートからガッチリ押さえ込んで、徹底した後方待機策だった。前走3歳500万勝ちのタイムランクはDでしかなく、やや人気の盲点にもなっていたが、昨年後半に比べて心身共に確かな成長を感じ取れた。4コーナーで一旦前がふさがれたのが、吉だったのか凶だったのか微妙なところはあるが、この末脚はイメージ以上ではないだろうか。改めて素質の高さを証明した。
 
11RダイヤモンドS タイムランクSのレース
タイムランクはS、メンバーランクはCだった。
前半1000mが63秒5、中盤が1000m換算で67秒7、そして後半は58秒8だった。実質は2週目3コーナーからの1000m勝負だったという事。ただ、ラップ推移としては先行馬が積極的にペースを上げて行き、上がり600m自体はジワジワ落ち込むものだった。
4番手を進んだリッカロイヤルが実質集団を引っ張る形であとはひとかたまりだった。
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ケイアイドウソジン レース内容というのは、先日の京都記念でトレイルブレイザー武豊騎手が見せた立ち回りに通じる部分があるかもしれない。昨年春東京の芝2400mでオープンのメトロポリタンS勝ちがありますし、そもそも単騎で逃げた時の勝率が高い馬。流石に予想はしきれなかったが、走られて不思議のない戦歴は持っていたという事で、今回は吉田豊騎手あっぱれ。
2着 ギュスターヴクライ 馬群にハマってしまった感じで、2週目向正面では外から蓋をされ、所謂キレイな押し上げができなかった。着差が1/2だけにタラレバというのはつきものだが、充実著しいことも確か。これぐらいの脚力があれば春の天皇賞の掲示板ぐらいは見えているんじゃないだろうか。この2・3着馬は共に4歳。他の出走馬とほとんど対戦した事がなかった訳ですから、今後の勢力図で4歳馬が幅を利かせてくる可能性というのも感じた。
3着 スマートロビン 残り400mまで手綱を抑えたままだった。あっさり交わすかと思いきや、伸びずバテずだった。下り坂を利用できる京都コースの方が味がありそう。とは言え、この2・3着馬は共に4歳。他の出走馬とほとんど対戦した事がなかった訳ですから、今後の勢力図で4歳馬が幅を利かせてくる可能性というのも感じた。
4着 ヤングアットハート 切れ負けしたが、出来の良さそれから地力強化は再確認できた。良馬場なら相手なりに戦える。
8着 トパンガ 追い切りも良かったですし、パドックの好気配も目を引いたがレースとしては瞬発力不足を露呈した。半妹のスクエアナンバーというのが関東馬だったが、要するにメリハリをつけて走れない分結局未勝利の芝中距離路線を勝ちきれなかった。また、その一方でこのトパンガの全弟に当たる現3歳のハギノタイクーン、これは今年の京都ダート1800mの未勝利戦をタイムランクBで勝ち、先週の京都日曜7R3歳500万でも2着している。一般的に考えると芝よりダートの方が何かにつけて忙しくなりがち。トパンガがもしダートに出走して対応できるかどうかというのは未知数だが、それでも1回ダートでの走りを見てみたいなという気になった。
 
ポイント
後で更新します。
後ほど
50%OFFセール
↑50%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差