2012年1回小倉8日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロ。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。まずここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておく。中・長距離では2週目・3週目は時計が掛かった。1200mは開幕週が速めの時計が出るコンディションで、4日目は雨の影響を受けた。なお1回小倉は5週の開催で、今週が最終週。
先々週は雪の影響が残っていたのに対し、先週はCコースに替わって最初の週だったためだろう。また、日曜の後半は雨が降っていたが、時計の出方に影響を及ぼす程ではなかった。
見た目には内2・3頭分ぐらいは傷んでいる様に見えるが、土曜に行われた1200m戦が先行馬と内枠の差し馬で決着した様に、いくらか内有利の印象を受けた。つまり外を回りすぎるとロスを生じるというコンディションではないだろうか。日曜は馬場差もプラス方向に推移しているが、こちらは流れ次第では外差しも効いていた。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒8だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、2週目・3週目は雨や雪の影響で時計が出やすくなったが、1週目そして4週目の先週はプラスの馬場差で時計が掛かっていた。
この中間も引き続き凍結防止剤を撒いているダートだが、先週は週の半ばから乾燥した状態が続いた事もあって、一気にプラスゾーンへ推移した。土日の開きについては、東京ダートと同様で恐縮だが、明らかな理由はわからない。ただ、冬場の小倉ダートというのは、天候次第で極端に数値が振れやすいと持っておいた方が良い。土曜より時計が掛かった日曜は、単純な前々の決着が少なく、逃げと差しあるいはマクり気味の差しなどが目に付いた。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/02/05 (日)  芝=±0 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 マコトナワラタナ    牝3 未勝利 1:09.3 -0.1 --- ±0 ±0 C D
4R T2000 トーセンホマレボシ    牡3 未勝利 2:02.5 +1.0 --- +0.4 ±0 D C
8R T1200 アンフィルージュ    牝5 500万下・牝 1:08.9 +0.4 --- +0.5 ±0 D D
10R T2000 エキストラエンド    牡3 あすなろ500 2:01.9 +1.3 --- +0.6 ±0 D D
11R T2600 エーシンミラージュ    牡4 皿倉山特1000 2:38.8 -0.3 --- -0.8 ±0 B D
12R T1800 サイドアタック    牡4 脊振山特500 1:47.7 +0.6 --- +0.6 ±0 D D

2012/02/05 (日)  ダ=+0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 ヒノクニリョジョウ    牝3 未勝利 1:00.8 +1.4 --- +0.9 +0.8 E D
2R D1700 スズカウラノス    牡3 未勝利 1:48.5 +1.4 --- +0.6 +0.8 D D
5R D1000 フラッパーミク    牝5 500万下・牝 0:59.3 +0.8 --- +0.3 +0.8 D D
6R D1700 ケイジーウィンザー    牡4 500万下 1:46.4 +1.0 --- +0.2 +0.8 C D
7R D1000 シゲルシゲザネ    牡5 500万下 0:59.4 +0.9 --- +0.4 +0.8 D D
9R D1700 セトノハリケーン    牡4 500万下 1:47.1 +1.7 --- +0.9 +0.8 E D

         

1R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
4R3歳未勝利 注目レース・馬
勝ったトーセンホマレボシを取り上げる。
1着 トーセンホマレボシ 2着から4着までを道中、1番手・2番手・3番手の馬が占めるという典型的な前残り決着だったが、その中で4コーナー10番手から超大外を回ったトーセンホマレボシ、これは次元が違うという末脚だった。最後見ての通り、キレイに突き抜けて快勝する。川須騎手は返し馬の段階で判断したんだと思うが、やや非力な面を考慮して序盤は急がせずに、あえて外を回す競馬を選択した。相手に恵まれたとは言え、ラストが11秒9-11秒9という決着ですから、これをものともしなかったのは立派。クラシック戦線に間に合うかどうかはともかくだが、いずれ本格化した時は楽しみ。ちなみに前走の勝ち馬、エキストラエンドという馬が同じ日曜の10Rあすなろ賞で、これまた余力十分で勝っているという事。
8着 ダノングーグー 前回の番組注目馬。スタートで挟まれて位置取りが悪くなった事も、結果に影響していると思う。それにしてもだが、小回りコースは合っていない様に見えた。
 
7R4歳上500万下 注目レース・馬
4着だったシルヴィルージュを取り上げる。
4着 シルヴィルージュ 番組注目馬
まずはスタート。ちょっと一完歩目ですか、大きすぎると言うか伸びる様な感じで出てしまって、最近どうしても後手に回ってしまっているという現状。ただ、追走ぶりはとても前向きな馬だが、今回に限ってはその内々で思う様に立ち回らせてもらえず、正に直線一気で追い上げて来た。常に人気ですから、その扱いにはかなり悩まれていると思うが、少なくとも今回の競馬を見る限り、せめて外枠でも引けていればなぁと思わせるレースぶりだった。引き続き主力として扱いたい。注目馬。
 
9R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
11R皿倉山特別 タイムランクBのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 エーシンミラージュ 前2走でもここで人気を分けたエクセルサスとかローレルクラシックと接戦をしていた訳だが、常に推定上がりでその2頭を上回っており、特に前走、イン有利と言われた1回京都から今回は使い込まれた小倉にコース替わりしたという事も、勝因の1つと言えそう。それにしても推定上がりの34秒5というのは強烈。このレース、明け4歳のワンツーで決まった事も踏まえつつ、今後の伸びしろは十分と言っておく。
2着 スーサングレート 宣言通りの逃げを討って、中盤でじわっとペースを緩めた。いかに貯金を作れるかと、こうした競馬をして行った方が可能性があるタイプだと思う。しばらく穴の警戒が必要。
 
馬券Summary
伏線のハイペース
超ハイペース
 
かなりのハイペース
日付
レース
勝ち馬
日付
レース
勝ち馬
1/8 中山01R スターゲイジング   1/5 中山07R リックムファサ
1/9 中山01R ドリームリーグ     中山10R コンフォーコ
1/14 中山01R ラシーク     中山12R ディープサウンド
中山03R スズノライジン   1/14 中山05R ミッドサマーフェア
中山08R サクラシリアス   1/22 中山02R スズカヴィグラス
1/21 中山01R シンデンアラタ        
中山12R スノードラゴン        
1/22 中山07R ミッキーレモン        
中山10R コスモソーンパーク        
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準