2012年1回東京2日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。
前2年の開幕週の馬場差がマイナス0秒6、あるいはマイナス0秒5だった。プラスマイナスゼロでスタートしたというのは強い風の影響とも考えられる。JRA発表の馬場発表からもDコース部分は内も外もまっさらに近いですよというニュアンスがくみ取れたが、実際秋開催ではDコースを使用しておらず、見た目にも良好なコンディション。今週以降外的要因が減ると時計が出やすくなるという事も想定しておきたい。また、先週は開催替わりの心理的な影響であるとか、向正面の追い風とかこれらが関わったのか逃げ・先行馬がよどみないペースで引っ張るというケースも少なくなかったと思う。縦長になれば、外からの差しも決まっていた。なお、この開催は全てDコースが使用される。
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒5だった。
芝と同様風の影響を無視できないコンディションで行われたダートだが、日曜の8Rまで稍重発表が続いたためとは言え、体力を消耗しやすい状況設定だった。最後の直線は向かい風となり、これが差し・追い込み馬の台頭をやや誇張するかなという様なレースも目に付いた。土曜より時計が掛かった日曜の方がより差し決着の色合いは濃くなった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/01/29 (日)  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2400 アンレヴマン    牡3 未勝利 2:31.4 +2.7 --- +1.5 ±0 SL C
5R T2000 ヴォードヴィリアン    牡3 新馬 2:08.3 +5.6 --- +3.8 ±0 SL C
7R T2000 フェノーメノ    牡3 500万下 2:00.9 -0.6 --- -0.6 ±0 B C
9R T1400 サクラゴスペル    牡4 立春賞H1000 1:22.5 +0.8 --- +0.5 ±0 D C
10R T1600 ドリームカトラス    牡5 節分S1600 1:34.1 +0.5 --- +0.5 ±0 D C

2012/01/29 (日)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1300 タンブルブルータス    牡3 未勝利 1:20.6 +0.9 --- +0.5 +0.5 D D
2R D1400 フェアリーガーデン    牝3 未勝利 1:27.0 +0.7 --- +0.3 +0.5 D D
3R D1600 アメリカンウィナー    牡3 未勝利 1:39.4 -0.2 --- -0.7 +0.5 B C
6R D1400 タマブラックホール    牡3 500万下 1:25.6 +0.1 --- -0.3 +0.5 B C
8R D1600 フラアンジェリコ    牡4 500万下 1:39.6 +1.6 --- +1.1 +0.5 E C
11R D1400 シルクフォーチュン    牡6 根岸SG3 1:23.5 +0.7 --- +0.3 +0.5 D C
12R D2100 オメガスカイツリー    牡4 1000万下 2:13.3 +2.0 --- +1.0 +0.5 SL C

         

3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 アメリカンウィナー 出負けしたが、二の足がスムーズだった。内ラチ沿いをロス無く追走して、直線ごちゃついた所で上手く脚が溜まったと言うか、最後に追い出しての勝利というパターンだった。状態面の上積みであるとか、ダート替わり当然あるが、今回はちょっとハマったかなという印象が強い。
2着 ゴールドゼウス 番組注目馬
3列目の好位から勝ちに行く競馬だった。馬群固まって進んだが、ここは文句なしに超ハイペースの流れだった訳で、一旦先頭のレースぶりは高評価。勝ち馬に並びかけられると、勝負根性を見せてもう一伸びしたのも立派だった。デビュー戦からの比較から考えても(1800mだったが)、今回の方が内容が濃くて恐らく距離も1400mから1600mぐらいだろうと思う。次走も有力。注目馬。
3着 センキ よく粘って次走上位候補だが、まだ体全体を使って走れていない面があって、その詰めが効くか勝ちきれるかとなるとちょっと微妙かなと思う。
 
4R3歳未勝利 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
5R3歳新馬 注目レース・馬
勝ったヴォードヴィリアンを取り上げる。
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ヴォードヴィリアン これ以上ないくらいの超スローペースだったとは言え、スタートでロスがありながらも馬なりのまま追いついて抜け出すというインパクト十分な勝ちっぷりだった。見ての通り前さばきの回転がとても早くて、もう溜めれば溜めた分だけいかにも切れそうなタイプ。距離適性とか次走云々の次元の話ではないが、まずはこれを見て将来性が高いというところは疑う余地はない。このレースの上位馬の次走以降の成績次第でジワジワと値打ちを上げていくのではないだろうか。
 
6R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 タマブラックホール ボコンと出負けした事で、腹をくくっての後方待機だった。道中は砂を被って、前との差がなかなか詰まらなかったが、外へ持ち出してからは破格の伸び脚だった。ただ、ここも超ハイペース。残り100mで抜け出したというのはちょっと出来すぎかなという気はするが、まだまだ距離の融通性もありそうですし、昇級しても条件が揃えば圏内だろう。
2着 ガンジス 逃げた馬から2馬身程度の間隔を先行。直線で内にフラついた時は流石に息切れかなと思ったが、実際には向かい風を気にした様で、そこから再びしぶとく伸びて来た。次走も断然人気は予想されるが、この厳しいレースの経験というのは糧となるはず。ただし、完全タイム差はプラスとなる。
 
7R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 フェノーメノ デビュー戦と似た様な先行抜け出しだったが、3コーナーでハナを譲る場面であるとか、そこからの間合い、これを上手く空けてのレース運びなど上手に伸び伸びと走れた今回の方が好内容だった。前走の中山のホープフルSは内枠が徒となって脚を余したが、流れを考慮すると価値のあるオープンクラスのCランク相当だった。広いコースの方が当然信頼度は高いと思う。要するにオープンでも楽しみな気力があるということ。また、ホープフルSでこれと同等の評価ができるレッドシャンクスは次の京成杯で8着と凡走したが、まだ見限れないものがあるという事にもなる。
2着 スピルバーグ 2勝目は近い。次走での上積み、あるいは器用さ、今までの対戦比較からするとストローハットの方がちょっと期待値は上かなと考えている。
3着 ストローハット 2勝目は近い。次走での上積み、あるいは器用さ、今までの対戦比較からするとストローハットの方がちょっと期待値は上かなと考えている。
 
8R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
11R根岸S
タイムランクはD、メンバーランクはCだった。
馬群にほぼ切れ目がなかった様に、全くの平均ペースで流れて、1400mらしい器用さも求められたレース。
1着 シルクフォーチュン 実際先行して内を回って来たタイセイレジェンド、トウショウカズンが見せ場を作るが、これらを大外からまとめて面倒を見た1着シルクフォーチュンは鞍上藤岡康太騎手にとってもしてやったりの快勝だと思う。駆けっぷりからは、1200m・1400mのイメージが強いが、次走フェブラリーSでは恐らく、南部杯当時の体調よりは上手く持って行けるんじゃないだろうか。
5着 ダノンカモン 1番人気で5着だった。これは1800m戦の後でもあり、本来の位置取りで運べなかった。最後の直線では、外に出せなくて、内からも締められて追い出しが遅れた格好。瞬発力型ではないので、辛かったと思う。悲観する必要はない。
7着 ブライトアイザック 地味ながら気になった。やはり東京巧者という事、乾いたダートの軽い消耗戦であれば、もう少しパフォーマンスを上げられるはずで、春の東京開催に向けて覚えておきたい。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
馬券Summary
小倉ダート1700m穴なら内枠
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準