アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2012年1回小倉6日目

馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒8。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3だった。まずここまで6日間の芝の馬場差振り返っておく。1週目はマイナスの馬場差で、その内1200mで時計が出やすくなっていた事が注意点。2週目以降では特に4日目は雨の影響であとのレースになる程時計が掛かっていった。
Bコースの3週目を迎えた芝は、ついに1200m対象の数値さえも、良馬場にしてプラスゾーンに突入した。傷んだコースとまだ伸びるコース、この違いはある程度見た目では判断できると思うが、芝での最初のレースを実施した土曜3R1200m戦がいきなり8枠3頭のワンツースリーその後土曜に行われた1200m戦3鞍は好位を進んで、上手く伸びるコースの外目へ持ち出した馬ばかりが勝っていた。日曜日は土曜よりさらに時計の掛かるコンディションだった。今度は枠順やコースどうこうよりも、インコースがぽっかり空きすぎるせいか、逃げ残りやインからの差し込みが目に付いた。今週はCコース替わりとなるが、こうした馬場の消耗度を踏まえると、同じようにと言うか、それなりに土日の中での傾向の変化があるかもしれない。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス0秒6だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は時計の掛かるコンディションだったが、3日目以降は雨や雪の影響を受け、マイナスの馬場差。特に3日目から5日目となる先週土曜までは、速い時計の出るコンディションだった。
同じ稍重発表でもこの開きと言うか、この差(土日の差)の開きは大きいので注意が必要。中間雨こそ観測されていないが、連日雪がちらついていた様。凍結防止剤を用いて水分を保っている状態が続いていた訳だが、週中に日差しが少なかった事が土曜の馬場差に影響したのかなと想像している。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2012/01/29 (日)  芝=+0.8 / 1200m=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 サマールナ    牝3 未勝利・牝 1:49.3 +0.8 --- +0.1 +0.8 C D
4R T1200 ビップヴィットリオ    牡3 未勝利 1:09.9 +0.5 --- +0.2 +0.8 C D
9R T2600 シンボリボルドー    牡5 500万下 2:40.5 +0.7 --- -0.7 +0.8 B D
11R T1200 ホットチリペッパー    牡5 紫川特別1000 1:09.2 +1.1 --- +0.8 +0.8 E D
12R T2000 マイネルガヴロシュ    牡5 小倉城特500 2:02.0 +2.1 --- +0.5 +0.8 D C

2012/01/29 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 キングヒーロー    牡3 未勝利 0:59.2 -0.2 --- +0.2 -0.6 C E
2R D1700 ホッコータルマエ    牡3 未勝利 1:46.7 -0.4 --- -0.2 -0.6 C D
5R D1000 トロンプルイユ    牝5 500万下・牝 0:58.8 +0.3 --- +0.7 -0.6 E D
6R D1700 トレノソルーテ    セ6 500万下 1:45.4 ±0 --- +0.6 -0.6 D D
7R D1000 スズカロジック    牡4 500万下 0:59.1 +0.6 --- +1.0 -0.6 E C
8R D1700 レッドシュナイト    牡4 500万下 1:45.1 -0.3 --- +0.3 -0.6 C D
10R D1700 フリートストリート    牡3 くすのき500 1:45.7 -0.5 --- +0.1 -0.6 C D

         

5R4歳上500万下・牝 タイムランクEのレース
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
 
7R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
9R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 シンボリボルドー シンボリボルドーの2勝はどちらも芝2600m。それ以外にも昨年夏の函館で、ドリームセーリング・フミノヤマビコと小差の競馬をして、実質Bランク相当のパフォーマンスを記録した事のある馬。ハッキリ言って、平坦小回りの長丁場向きという事。ただし、今回はペース補正も入ってAランク手前の高評価になるが、後続を離して逃げたタキオンコウショウでさえ、ハッキリスローペースというちょっと極端な競馬。このシンボリボルドーというのは、結構マクりを打つタイプで、なかなか捌ききれないで届かない競馬も多いですから、1000万に上がるとちょっと楽観視はできないなと思う。
 
10Rくすのき賞 注目レース・馬
勝ったフリートストリートを取り上げる。
1着 フリートストリート 2着馬を4馬身千切る楽勝で、戦績を2戦2勝とした。縦長の速い流れを見越していたかの様に、向正面からの進出となったが、直線入り口では早くも先頭。その後は多少遊ぶ感じもありながらも独走だった。次走も有力だが、終わってみれば、この馬のデビュー戦2着のローレルブレイズの方が今回の相手よりよっぽど骨っぽかったかなぁというのが率直な感想。そのローレルブレイズ、デビュー戦2着の後はまだ走ってませんから、是非覚えておいてください。
 
11R紫川特別 タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
 
馬券Summary
小倉ダート1700m穴なら内枠
後ほど
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準