2012年1回中山7日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス1秒3、日曜日が設定不能だった。まずここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、5日目まではマイナス1秒1かマイナス1秒0と速い時計の出るコンディションだったが、先週は雨の影響で時計が掛かった。
金曜が朝から夕方まで雨で、土曜は昼から雨、日曜は昼過ぎまで雨というのが先週末の中山の天候だった。土曜日は終日稍重で、小雨が降り続けていたが馬場差が変動となるほどではなかった。ただ、稍重と言っても1週前と比べると2秒以上時計が掛かる様になっていますから、所謂稍重という響き以上に時計が掛かっていた。そして土曜から日曜にかけて雨が降り続けて日曜日は終日不良馬場。4コーナーの内側が真っ黒になっていて、あそこまで馬場が悪化してしまうと、タイムの優劣を示すことにあまり意味がないという状況なので、設定不能とした。日曜日は1年の中でも最高レベルに時計の掛かる馬場だったと理解してください。土曜の時点では内・外の馬場状態に大きな差はなかったと思うが、日曜日の特に後半は4コーナーの内側では泥の固まりがバンバン跳ね上がっていた。直線に入ってしまえば、内を通ってもそれほど不利ではなかったが、4コーナーで内を通っているとそこでちょっとスタミナを消耗している様だった。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4からマイナス0秒1へと変動、日曜がマイナス2秒0からマイナス1秒5へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス1秒2だった。まずはここまで7日間の馬場差を振り返っておく。5日目まで1800mは時計が掛かり、1200mはやや掛かるレベルだったが、先週は雨の影響を受けて、脚抜きが良くなり特に日曜はかなり速い時計の出やすいコンディションとなった。
土曜は終日稍重だが、昼過ぎからそんなに量は多くない小雨だが、雨が降り続けていて、1800m対象の馬場差は2Rがプラス0秒4、11Rはマイナス0秒1。徐々に速い時計が出る様になった。ただし、1200m対象の馬場差は1日を通じて同一だった。日曜日は終日不良馬場で、1800m対象の馬場差は2Rがマイナス2秒0で、12Rがマイナス1秒5。雨が降り続くことによって馬場に水が浮いてきて、徐々に時計が掛かる様になったという事だが、いずれにしても高速馬場が1日続いた。こちらも1200mは土曜と同様に1日を通じて同一の馬場差。こちらは土曜よりも高速の馬場となった。
雨の影響かどうかわからないが、土曜の1800mは4レース中3レースが逃げ切り勝ちで、もう一つ11Rだがこれは3コーナーで先頭に並んで行った馬が勝った。ただし、2着や3着には差し・追い込み馬も来ている。日曜日の1800mは逃げ切り勝ちはないが、4レース中3レースは4コーナー3番手以内の馬が1着。ただし、日曜の1800mは極端に前残りという程でもなくて、中山のダートならこれが普通という状況だろう。1200mについては土曜が差しが決まり、日曜は前残りが目立ったが、これは展開とかの要因が大きくて、1800mもそうだが雨が降ったから前残りとか、逆に雨が降ったから差しが決まったという事ではないと思う。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/01/22 (日)  芝=設定不能
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1600 コスモトゥルーラヴ    牡3 未勝利 1:39.1 +2.9 --- --- --- - C
7R T1600 ミッキーレモン    牝4 500万下 1:38.6 +3.6 --- --- --- - D
9R T1800 バンザイ    牡3 若竹賞500 1:53.9 +4.7 --- --- --- - C
10R T1600 コスモソーンパーク    牡4 若潮賞1000 1:36.9 +2.5 --- --- --- - C
11R T2200 ルーラーシップ    牡5 アメリカG2 2:17.3 +4.5 --- --- --- - C

2012/01/22 (日)  ダ=-2.0 → -1.5 1200m=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 ジャーフライト    牝3 未勝利・牝 1:11.8 -1.2 --- ±0 -1.2 100 C D
2R D1800 スズカヴィグラス    牡3 未勝利 1:54.1 -1.9 --- +0.1 -2.0 99 C D
3R D1200 ヘンリーフォンテン    牡3 未勝利 1:11.6 -1.4 --- -0.2 -1.2 102 C D
4R D1800 リントス    牝3 新馬・牝 1:55.4 -1.0 --- +0.9 -1.9 91 E C
6R D1200 ゴールデンポケット    牝3 新馬 1:12.3 -0.9 --- +0.3 -1.2 97 D D
8R D1800 レオアラシ    牡5 500万下 1:53.2 -0.8 --- +0.9 -1.7 91 E D
12R D1800 コンノート    牡4 1000万下 1:52.1 -1.1 --- +0.4 -1.5 96 C D

         

4R3歳新馬 タイムランクEのレース
基準よりも0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
7R4歳上500万下 注目レース・馬
勝ったミッキーレモンを取り上げる。
1着 ミッキーレモン 今回が初めての芝だったが、4コーナーでは内の馬場が悪いところを通って、直線で外に出そうとしているが、馬がビッシリ外に居て進路が無かったので、やむを得ずという感じで内側へ。上手く1頭分空いたスペースを上手く抜けたが、距離のロスとか通った場所の状態の悪さを考えれば、高い評価が可能だと思う。ダート経験が4コーナー内側のドロドロの部分を苦にしなかった要因かもしれないが、馬体とかフットワークを見ていると、芝の良馬場でこそという感じを受ける。ダートと不良馬場の芝しか勝っていないという理由で、昇級して芝の良馬場で人気がないなら馬券を買いたい。
 
8R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
11RAJCC 馬場が馬場なので、後半に11秒台ラップはないが、ラストは12秒1-12秒0-12秒2と馬場を考慮すれば速い上がりだった。
1着 ルーラーシップ ルーラーシップはこれを外からねじ伏せる様に差しきって突き抜けた。時計の評価は不可能という馬場だが、それにしても2分17秒3というのは遅い。ド派手な勝ちっぷりだった去年の金鯱賞も不良馬場で、タイムランクはE。馬場とか展開とか何らかの理由で時計が掛かった方が良いタイプなんだと思う。上がりの速い競馬でも好走はしているが、G1になるとちょっと足りないというのは本質的な時計不足のためかもしれない。
2着 ナカヤマナイト 完敗の3馬身だが、この馬去年と違ってパドックでも落ち着きがあって、大分成長したという印象。まだ明け4歳ですからこれからまだ強くなるはず。
3着 ゲシュタルト 今回も立ち回りの上手さを活かしたというレースぶりだった。強い馬が圧勝した時に2着や3着に来るというタイプなので、今後も連下にはマーク。逆に相手があまり強くなくて、押し出されて人気になっている時はあまり信用しない方が良いタイプだと思う。
4着 サンテミリオン 実に久しぶりの先行策だった。オークスの勝ちタイムが2分29秒9で、時計が掛かった方が良いという点も今回の好走に繋がったと思うが、この先行策で目覚めてくれれば…というところ。
5着 トーセンレーヴ トーセンレーヴの逃げを予想していた方は少ないと思う。意外な予想外な逃げだったが、これは作戦だったと言うか馬の行く気に任せたという感じでかなり行きたがっていた。それでもページ自体はそんなに速くなくて、ペースは落ち着いたが、トーセンレーヴは本質的にマイラーに近いんだと思う。今後1800m以下の路線に転じて来れば注目。
 
ポイント
小倉は外、京都は内
後ほど
オーロラプロジェクト30%OFF
↑オーロラプロジェクト30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差