2012年1回小倉4日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス1秒6からプラス2秒4へと変動した。1200mについては土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロからプラス0秒9へと変動だった。まずはここまでの芝の馬場差を振り返っておく。開幕週、中・長距離はマイナス0秒2で水準に近いレベルとは言え、マイナスゾーンだったが2週目の先週は雨の影響でプラスの馬場差となり、特に日曜日は時計が掛かった。1200mは中・長距離ほどではないが、先週は開幕週よりも時計が掛かっていた。なお、今年から連対馬の脚質について、マクリが追加された。マクリは紫で表示している。
木曜に雨が降って、金曜の正午の時点で芝稍重だったが、土曜日は良馬場という発表だった。ただし、良馬場とは言え、2000m対象の馬場差は1週目より大きくプラス方向に動いて、1週目より0秒9掛かる馬場だった。1200m対象の馬場差も1週目より水準方向に動いた。また、時計が掛かったというだけではなくて、先週は土曜の最初から外が伸びる馬場状態で、土曜の後半辺りでは4コーナーの内側で泥が跳ね上がっていた。日曜日は良馬場でスタートしたが、朝から雨が降っていて、5Rから稍重になって10R・11Rは重。従って馬場差は変動で2000m対象の数値は、最初の5Rの時点でプラス1秒6と土曜よりさらにプラス方向に動いて、11Rはプラス2秒4。1200m対象の数値は最初の3Rがプラスマイナスゼロで、やはり土曜より時計が掛かる馬場。そして8Rはプラス0秒9だった。土曜の最初から外差し傾向で、当然日曜日もそれが続いたが、日曜の後半になると今度は雨の影響もあったのか、内も外もさほど変わらなくなったみたいで、直線で内を通って好走する馬も居たが、全体としては外へ出した馬の伸びが目立った。今週もう1週Bコースが使用されて、後半の2週間はCコースが使用される。
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス1秒5からマイナス2秒5へと変動した。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は時計の掛かるレベルだったが、先週は雨の影響でかなり速い時計の出るコンディションとなった。
木曜の雨の影響で金曜正午には重だったが、土曜は稍重。馬場差はマイナス1秒5で1週目より2秒以上速くなった。日曜日は朝から雨で、稍重でスタートしたが4R以降は重馬場で、9R以降は不良馬場。という事で馬場差は変動で、1Rは土曜と同じマイナス1秒5。そこからどんどん高速化して行って12Rはマイナス2秒5だった。逃げ・先行あるいはマクって4コーナー2番手という馬しか勝っていないが、小倉のダートなのでこれは不思議な事ではない。ただし、日曜の勝ち馬これは6頭中5頭が4コーナー先頭で、もう1頭も4コーナー2番手。元々前残り傾向とは言え、普段の小倉以上に先週日曜は前残り傾向が強かった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/01/22 (日)  芝=+1.6 → +2.4 / 1200m=±0 → +0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R T1200 ジャストザブレイン    牡3 未勝利 1:09.2 -0.2 --- -0.2 ±0 102 C D
5R T1800 ノーブリー    牡3 新馬 1:52.0 +3.2 --- +1.0 +2.2 90 S D
6R T2600 バンダムラディウス    牡4 500万下 2:43.2 +3.4 --- +0.8 +2.6 92 D D
8R T1200 シュプリームギフト    牝4 500万下・牝 1:09.9 +1.4 --- +0.5 +0.9 95 D D
10R T1800 ヤマニンガーゴイル    牡5 唐戸特別500 1:48.8 +1.7 --- -0.3 +2.0 103 C C
11R T2000 ヒットザターゲット    牡4 関門橋S1600 2:02.6 +4.1 --- +0.9 +3.2 91 S C

2012/01/22 (日)  ダ=-1.5 → -2.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1000 メイショウフォロー    牡3 未勝利 0:58.6 -0.8 --- +0.1 -0.9 99 C D
2R D1700 ハヤブサ    牡3 未勝利 1:46.2 -0.9 --- +0.7 -1.6 93 D D
4R D1000 ダノンフリーデン    牡5 500万下 0:57.9 -0.6 --- +0.5 -1.1 95 D E
7R D1700 リリーファイアー    牡4 500万下 1:42.8 -2.6 --- -0.5 -2.1 105 B D
9R D1700 ハクユウサンサン    牡4 500万下 1:43.8 -1.6 --- +0.7 -2.3 93 D D
12R D1700 メイショウエバモア    牡5 和布刈特1000 1:42.5 -2.1 --- +0.4 -2.5 96 D C

         

2R3歳未勝利 注目レース・馬
5着のツキミハナミについて。
5着 ツキミハナミ まずスタートで鼻が地面につくほど躓く。なおかつ外の馬、勝ったハヤブサだが、これが内にヨレて来たので余波を受けて挟まれるという非常に、散々なスタートだった。1コーナーまで気合いをつけてもあまり進んで行かないという非常に厳しい競馬になった。それでも向正面から追撃を開始して、3コーナー過ぎからスーッと上がって行って、直線は大外から良い脚を使って伸びた。ダートではこれまで1400mに出走してこれが4着と5着だったが、ダートの1700m・1800mでスムーズな競馬と言うか、普通の競馬ができれば馬券の対象になりそう。
 
5R3歳新馬 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
7R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。0秒9差の2着以下は完全タイム差がプラスとなる。
1着 リリーファイアー 前走2着だが、その前走はタイムランクEというレースだった。一変して好タイムの圧勝だが、高速馬場で一本調子の競馬をすると強いという事だと思う。1勝目、これは京都のダート1400mだったが、タイムランクA。ダート1400mあるいは1700mなら昇級しても通用する下地はあるが、展開と言うか、レースの性質と言うか、そういうものに注文が付くタイプだと思う。1000万に昇級すると一本調子の競馬で押し切れる確率はそんなに高くないと思う。
2着 ハルカフジ 内でロス無く運べたものでもあって、この着順だけで人気になる様なら過信禁物という評価になる。
 
10R唐戸特別 注目レース・馬
2着アドマイヤコリンについて。
2着 アドマイヤコリン どうも口向きに難があるらしくて、向正面でジョッキーがガックンガックンしながら結局最後方近くまで下がってしまうが、4コーナー手前から内が開く事を見越していたという感じで、内からスルスルと進出。そのまま直線でも最内を通って2着と好走した。距離に関してはかなり得をしていて、荒れた芝を苦にしない馬であれば、一か八かのイン突きがハマったというケースだが、この馬は小柄でどちらかと言いうと非力なタイプで、こういう力の要る芝は得意ではない。なにしろ、先ほどのガックンガックンが象徴する様に、難しい馬なのこの2着だけで飛びつくというのも危険だが、後々あの週の小倉の芝で最内を通って好走した馬という事は、記憶しておきたい。この馬、左回りだと比較的スムーズなので、先の話になるが、5月の新潟、それまでに500万を勝てなかった場合は大いに注目。
 
11R関門橋S タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
ポイント
小倉は外、京都は内
後ほど
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差