ヒメカノ ダウンロード販売

2012年1回中山2日目

2012/12/24(月)
中山 阪神
2012/12/23(日)
中山 阪神
2012/12/22(土)
中山 阪神
2012/12/16(日)
中山 阪神 中京
2012/12/15(土)
中山 阪神 中京
2012/12/09(日)
中山 阪神 中京
2012/12/08(土)
中山 阪神 中京
2012/12/02(日)
中山 阪神 中京
2012/12/01(土)
中山 阪神 中京
2012/11/25(日)
東京 京都
2012/11/24(土)
東京 京都
2012/11/18(日)
東京 京都 福島
2012/11/17(土)
東京 京都 福島
2012/11/11(日)
東京 京都 福島
2012/11/10(土)
東京 京都 福島
2012/11/04(日)
東京 京都 福島
2012/11/03(土)
東京 京都 福島
2012/10/28(日)
東京 京都 新潟
2012/10/27(土)
東京 京都 新潟
2012/10/21(日)
東京 京都 新潟
2012/10/20(土)
東京 京都 新潟
2012/10/14(日)
東京 京都 新潟
2012/10/13(土)
東京 京都 新潟
2012/10/08(月)
東京 京都
2012/10/07(日)
東京 京都
2012/10/06(土)
東京 京都
2012/10/01(月)
阪神
2012/09/30(日)
中山
2012/09/29(土)
中山 阪神
2012/09/23(日)
中山 阪神
2012/09/22(土)
中山 阪神
2012/09/17(月)
中山 阪神
2012/09/16(日)
中山 阪神
2012/09/15(土)
中山 阪神
2012/09/09(日)
中山 阪神
2012/09/08(土)
中山 阪神
2012/09/02(日)
新潟 小倉 札幌
2012/09/01(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/26(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/25(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/19(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/18(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/12(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/11(土)
新潟 小倉 札幌
2012/08/05(日)
新潟 小倉 札幌
2012/08/04(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/29(日)
新潟 小倉 札幌
2012/07/28(土)
新潟 小倉 札幌
2012/07/22(日)
新潟 中京 札幌
2012/07/21(土)
新潟 中京 札幌
2012/07/15(日)
新潟 中京 函館
2012/07/14(土)
新潟 中京 函館
2012/07/08(日)
福島 中京 函館
2012/07/07(土)
福島 中京 函館
2012/07/01(日)
福島 中京 函館
2012/06/30(土)
福島 中京 函館
2012/06/24(日)
福島 阪神 函館
2012/06/23(土)
福島 阪神 函館
2012/06/17(日)
福島 阪神 函館
2012/06/16(土)
福島 阪神 函館
2012/06/10(日)
東京 阪神 函館
2012/06/09(土)
東京 阪神 函館
2012/06/03(日)
東京 阪神
2012/06/02(土)
東京 阪神
2012/05/27(日)
東京 京都
2012/05/26(土)
東京 京都
2012/05/20(日)
東京 京都 新潟
2012/05/19(土)
東京 京都 新潟
2012/05/13(日)
東京 京都 新潟
2012/05/12(土)
東京 京都 新潟
2012/05/06(日)
東京 京都 新潟
2012/05/05(土)
東京 京都 新潟
2012/04/29(日)
東京 京都 福島
2012/04/28(土)
東京 京都 福島
2012/04/22(日)
東京 京都 福島
2012/04/21(土)
東京 京都 福島
2012/04/15(日)
中山 阪神 福島
2012/04/14(土)
中山 阪神 福島
2012/04/08(日)
中山 阪神 福島
2012/04/07(土)
中山 阪神 福島
2012/04/01(日)
中山 阪神
2012/03/31(土)
中山 阪神
2012/03/25(日)
中山 阪神 中京
2012/03/24(土)
中山 阪神 中京
2012/03/18(日)
中山 阪神 中京
2012/03/17(土)
中山 阪神 中京
2012/03/11(日)
中山 阪神 中京
2012/03/10(土)
中山 阪神 中京
2012/03/04(日)
中山 阪神 中京
2012/03/03(土)
中山 阪神 中京
2012/02/26(日)
中山 阪神
2012/02/25(土)
中山 阪神
2012/02/19(日)
東京 京都
2012/02/18(土)
東京 京都
2012/02/12(日)
東京 京都 小倉
2012/02/11(土)
東京 京都 小倉
2012/02/05(日)
東京 京都 小倉
2012/02/04(土)
東京 京都 小倉
2012/01/29(日)
東京 京都 小倉
2012/01/28(土)
東京 京都 小倉
2012/01/22(日)
中山 京都 小倉
2012/01/21(土)
中山 京都 小倉
2012/01/15(日)
中山 京都 小倉
2012/01/14(土)
中山 京都 小倉
2012/01/09(月)
中山 京都
2012/01/08(日)
中山 京都
2012/01/05(木)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、初日がマイナス1秒1、2日目・3日目はマイナス1秒0だった。昨年暮れから実質的には連続開催ですので、まずは昨年5回開催後半からの馬場差の推移を確認しておく。5回開催5日目以降は雨の影響がなく、マイナスの馬場差だった。年明けになり馬場差はマイナス方向に大きな数値となった。
昨年の5回開催がAコースで、今開催からCコース。内側の傷んだ部分がカバーされて時計がマイナス方向に動いたと非常にわかりやすい推移だった。
初日と同じで2日目・3日目も内が有利という芝ではないが、1600mは外枠の不利で、2000mはスローが多いという事で結果的に外からの差しは届きにくかったが、全然外からは届かないという訳でもなかった。この開催は全てCコースが使用となる。
先週の馬場差1800m対象の数値は3日間ともにプラス0秒8。1200m対象の数値は3日間ともにプラス0秒2だった。まず1800mについては、昨年暮れの5回開催最終週はそれまでとは一転して時計が掛かった。年明け3日間についてはその最終週とほとんど同じレベルで時計の掛かるコンディションだった。1200mについては、暮れの最終週に1800m程ではないものの、それまでより時計が掛かってプラスマイナスゼロ。年明けの3日間はさらに掛かってプラスゾーンへと入った。
冬のダートというのは、凍結の恐れがあってあまり水をまけないので、乾燥しているというのが乾燥している理由。そうは言っても先週辺りだと凍結の恐れがある程は冷え込んではいないので、散水されているが、それでも含水率が2%とか3%のそういう乾燥した状態。という事で、昨年の最終週と同様に力の要る馬場で時計の掛かる状態だった。1200m対象の数値もプラスゾーンに入ってきたという事。
初日はちょっと逃げ馬があまり残ってなかったら、今度2日目はやたらに前が残るケースが増えたという風になったが、3日目はそんなに逃げ馬が何でもかんでも残る訳ではなかったという事で、3日間を通じて言うと、馬場が前残りだとか、前が止まりやすいとかそういう特徴があったという訳ではないと思う。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2012/01/08 (日)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1600 ダークマレイン    牝3 未勝利 1:35.1 -1.1 --- -0.3 -0.8 103 B C
9R T2000 メイショウカドマツ    牡3 寒竹賞500 2:01.6 -0.7 --- +0.3 -1.0 97 C C
10R T2500 コスモロビン    牡4 迎春S1600 2:33.0 -0.8 --- +0.5 -1.3 95 D D
12R T2000 トランスワープ    セ7 1000万下 2:00.3 -0.6 --- +0.4 -1.0 96 D C

2012/01/08 (日)  ダ=+0.8 1200m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 スターゲイジング    牝3 未勝利 1:13.2 +0.2 --- ±0 +0.2 100 C D
2R D1800 レッドティムール    牝3 未勝利・牝 1:57.3 +1.3 --- +0.5 +0.8 95 D D
3R D1800 ドラゴンフラッシュ    牡3 未勝利 1:57.2 +1.2 --- +0.4 +0.8 96 D D
4R D1200 ヴェルテュ    牝3 新馬 1:14.1 +0.9 --- +0.7 +0.2 93 E D
6R D1200 シャラントレディ    牝5 500万下・牝 1:12.5 +0.6 --- +0.4 +0.2 96 D D
7R D2400 アイアムイチバン    牡5 500万下 2:40.0 +4.1 --- +2.2 +1.9 78 S D
11R D1200 ティアップワイルド    牡6 ジャニュH 1:10.0 -0.1 --- -0.3 +0.2 103 B D

         

1R3歳未勝利 注目レース・馬
6着だったロードパルジファルについて。
6着 ロードパルジファル まずスタートで出遅れる。その後にさらに芝の部分でズルズルと下がって行ってしまった。しかしそれでも、その後ダートに入ってから行きっぷりが非常に良くて、4コーナーで大外を回して進出しながら直線でゴールまでしっかり伸びていた。実は芝の新馬戦でも出遅れているので、スタート地点が芝というのが良くないのかもしれないが、次走もまた出遅れるという可能性はあるが、ダートの方が合っているのは確かだと思う。東京のダート1400m・1300mとかならスタート地点からダートですから、ひょっとしたらダッシュがつくかもしれない。という事で、東京ダートで穴で注目したい。
 
4R3歳新馬 タイムランクEのレース
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 ダークマレイン 4コーナーでちょっと周りを囲まれて行き場がない感じになっていたが、直線に入った瞬間に斜めの外側に進路ができて、そこから抜けて来た。結果的に4コーナーで外を回らなかった分、ギリギリ差し切れたというレース内容ではあるが、前走は喉の手術明けで少し太め。今回は体が引き締まって、状態も良くなっていた。昇級しても例えば、牝馬限定の500万なら好勝負可能だと思う。
2着 アポロドーロス 前走同じ中山の1600mで出負けした。そして位置取りを悪くして、上がり最速ながら5着だったが今回は好スタートを決めて、行く馬を行かせて好位の後ろから進めて4コーナーで馬群を捌いて直線入り口で前に並ぶという理想的な競馬ができた。それで差されたのは不満ではあるが、スムーズな競馬ができれば次走で勝ち上がる確率は高い。
4着 ダディーズクール 内枠で出遅れて、4コーナーで大外を回るという中山芝1600mではこれは最悪だろうという競馬になってしまった。それでもしっかり伸びていましたから、力のあるところは見せている。次走はこの馬良い狙い目になると思う。注目馬。
 
7R4歳上500万下 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
11RジャニュアリーS タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
前半が33秒3で後半が36秒7と一応前傾ラップではあるが、中山1200mのオープンならこのぐらいは普通。しかも冬の中山というのは基本的に北風で、北風というのは中山だと1200mならスタートから3コーナーまで追い風なので、このラップなら前が有利という流れ。
1着 ティアップワイルド 上手く流れに乗ったという結果だが、実は57.5キロ背負って中山1200mで流れに乗れてしかも勝ったという点に価値がある。ちなみに最近20年の話だが、中山ダート1200mの古馬オープンを57.5キロ以上背負って勝ったのはマイネルセレクトとサウスヴィグラスしか居ない。この2頭はJBCスプリントで激しく叩き合ってワンツーしたという馬なので、そのぐらい力が無いとできない芸当をやってのけたという事。ティアップワイルドが今年G1級まで登り詰めるのかという点に関してはちょっと半信半疑というところはあるが、ダート1200mなら斤量を背負っていても信頼できる馬だという事。次走が1400mの根岸Sだったらちょっと割引が必要かなと思う。
2着 ゼンノベラーノ 上手く内を突いた。中山ダート1200mは一般的に外枠有利とされるが、北村宏司騎手に関してはこのコースの内枠でロス無く乗るのが得意中の得意。馬も中山1200mでは安定していると思う。
 
ポイント
中山・芝のダイワメジャー産駒
後ほど
ディープス30%OFF
↑ディープス30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差