2010年3回京都6日目

開催一覧
2010/12/26 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/25 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/19 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/18 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/12 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/11 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/05 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/04 (土)
中山 阪神 小倉
2010/11/28 (日)
東京 京都
2010/11/27 (土)
東京 京都
2010/11/21 (日)
東京 京都 福島
2010/11/20 (土)
東京 京都 福島
2010/11/14 (日)
東京 京都 福島
2010/11/13 (土)
東京 京都 福島
2010/11/07 (日)
東京 京都 福島
2010/11/06 (土)
東京 京都 福島
2010/11/01 (月)
東京
2010/10/31 (日)
東京 京都 福島
2010/10/30 (土)
京都 福島
2010/10/24 (日)
東京 京都 福島
2010/10/23 (土)
東京 京都 福島
2010/10/17 (日)
東京 京都
2010/10/16 (土)
東京 京都
2010/10/10 (日)
東京 京都
2010/10/09 (土)
東京 京都
2010/10/03 (日)
中山 阪神 札幌
2010/10/02 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/26 (日)
中山 阪神 札幌
2010/09/25 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/20 (月)
阪神 札幌
2010/09/19 (日)
中山 阪神
2010/09/18 (土)
中山 札幌
2010/09/12 (日)
中山 阪神 札幌
2010/09/11 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/09/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/22 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/21 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/15 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/14 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/08 (日)
新潟 小倉 函館
2010/08/07 (土)
新潟 小倉 函館
2010/08/01 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/31 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/25 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/24 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/18 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/17 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/11 (日)
福島 阪神 函館
2010/07/10 (土)
福島 阪神 函館
2010/07/04 (日)
福島 阪神 函館
2010/07/03 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/27 (日)
福島 阪神 函館
2010/06/26 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/20 (日)
福島 阪神 函館
2010/06/19 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/13 (日)
東京 京都
2010/06/12 (土)
東京 京都
2010/06/06 (日)
東京 京都
2010/06/05 (土)
東京 京都
2010/05/30 (日)
東京 京都
2010/05/29 (土)
東京 京都
2010/05/23 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/22 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/16 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/15 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/09 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/08 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/02 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/01 (土)
東京 京都 新潟
2010/04/25 (日)
東京 京都 福島
2010/04/24 (土)
東京 京都 福島
2010/04/19 (月)
福島
2010/04/18 (日)
中山 阪神 福島
2010/04/17 (土)
中山 阪神
2010/04/11 (日)
中山 阪神 福島
2010/04/10 (土)
中山 阪神 福島
2010/04/04 (日)
中山 阪神
2010/04/03 (土)
中山 阪神
2010/03/28 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/27 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/21 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/20 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/14 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/13 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/07 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/06 (土)
中山 阪神 中京
2010/02/28 (日)
中山 阪神
2010/02/27 (土)
中山 阪神
2010/02/21 (日)
東京 京都
2010/02/20 (土)
東京 京都
2010/02/14 (日)
東京 京都 中京
2010/02/13 (土)
東京 京都 中京
2010/02/07 (日)
東京 京都 中京
2010/02/06 (土)
東京 京都 中京
2010/01/31 (日)
東京 京都 中京
2010/01/30 (土)
東京 京都 中京
2010/01/24 (日)
中山 京都 中京
2010/01/23 (土)
中山 京都 中京
2010/01/17 (日)
中山 京都
2010/01/16 (土)
中山 京都
2010/01/11 (月)
中山 京都
2010/01/10 (日)
中山 京都
2010/01/09 (土)
中山 京都
2010/01/05 (火)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒1、日曜日がマイナス1秒2だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。初日は雨の影響が残って水準レベルだったが、2週目以降はマイナス1秒台の速い時計の出やすいコンディション。つまり、東京芝の推移とよく似ている。
2日間とも速い時計の出る馬場ではあったが、土日を比べて、土曜の方がやや掛かっているのは雨の影響が残っていたため。とは言えCコースに替わって2週目と同じく、高速馬場と呼べる馬場が維持されてきた。前へ行き、内を通った馬の粘り込みが目立ったのは、コース替わりの最初の週であること、そしてトピックスで取り上げられた様に、緩やかな流れのレースが多かった事も影響していると思う。なおこの後中京の代替として4回京都が連続して行われる。その4回開催最終週までこのままCコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日が変動、日曜日がマイナス0秒2だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目の特に初日前半は雨の影響が残って脚抜きの良い馬場だった。その後は大きな変化はなく、水準よりは速いものの、高速馬場とまでは行かないレベル。
土曜日、特に前半のレースで雨の影響が残っており、6Rまでの馬場差はマイナス0秒6、そして9R以降はやや乾いてマイナス0秒2とした。馬場発表は終日稍重だったが、馬場差は変動としているので注意。


  タイム分析
 2010/05/09 (日)  芝=-1.2  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 ニチドウルチル    牝3 未勝利・牝 1:34.8 -0.5 --- +0.5 --- D D --
5R T1400 ミラノムーン    牡3 未勝利 1:21.4 -1.1 --- -0.3 --- B D --
9R T2400 シャイニーブラウン    牡5 白川特別1000 2:26.9 +0.8 --- +1.3 --- SL C --
10R T1800 シルポート    牡5 都大路S 1:44.8 -0.5 --- +0.6 --- D D --
11R T1800 エリモクイーン    牝3 矢車賞500 1:46.8 -1.0 --- +0.1 --- C D --
 2010/05/09 (日)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 タガノマージョラム    牡3 未勝利 1:54.0 -0.1 --- +0.1 --- C C --
2R D1400 スナークヒロイン    牝3 未勝利 1:24.3 -1.4 --- -1.2 --- A D --
6R D1200 メイショウトリノ    牡3 500万下 1:11.4 -0.7 --- -0.6 --- B C --
7R D1800 サンライズコア    牡4 500万下 1:53.3 +0.7 --- +0.9 --- E D --
8R D1200 ハイデフィニション    牝5 500万下・牝 1:11.9 ±0 --- +0.1 --- C E --
12R D1900 トップオブパンチ    牡4 1000万下 1:58.8 +0.4 --- +0.6 --- D C --

京都6R 3歳未勝利 注目
3着 トロワプレジール 番組注目馬
注目馬。

  馬券Summary
日曜の1番人気馬
先週京都の日曜は、3Rの障害戦を除けば1番人気の連対はダートのBランクで取り上げた6Rの勝ち馬メイショウトリノだけと不振だった。ただ、押し出された人気であったり、能力以上に過剰な人気を集めたりで、馬郡に沈んでもさほど驚きはしなかった。総じて出走馬の質が落ちると何か強調材料のある馬に人気が集まってしまう傾向がある。本来ならそこまで信頼できるのか、不安点があるにも関わらず、そうなってしまう事があるという事。たまたま日曜は1番人気馬が連対できないケースが続いたというのが、妥当な見解だと思う。ただ東京でG1が行われて、トップクラスの騎手、それから彼らのお手馬が多く東京へ行くとなれば、京都の方が出走馬がレベルダウンして先週と同様の流れとなるかもしれない。能力や状態に裏打ちされた人気かどうかというところをいつにも増して、気を配っていきたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai