2010年1回阪神8日目

開催一覧
2010/12/26 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/25 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/19 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/18 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/12 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/11 (土)
中山 阪神 小倉
2010/12/05 (日)
中山 阪神 小倉
2010/12/04 (土)
中山 阪神 小倉
2010/11/28 (日)
東京 京都
2010/11/27 (土)
東京 京都
2010/11/21 (日)
東京 京都 福島
2010/11/20 (土)
東京 京都 福島
2010/11/14 (日)
東京 京都 福島
2010/11/13 (土)
東京 京都 福島
2010/11/07 (日)
東京 京都 福島
2010/11/06 (土)
東京 京都 福島
2010/11/01 (月)
東京
2010/10/31 (日)
東京 京都 福島
2010/10/30 (土)
京都 福島
2010/10/24 (日)
東京 京都 福島
2010/10/23 (土)
東京 京都 福島
2010/10/17 (日)
東京 京都
2010/10/16 (土)
東京 京都
2010/10/10 (日)
東京 京都
2010/10/09 (土)
東京 京都
2010/10/03 (日)
中山 阪神 札幌
2010/10/02 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/26 (日)
中山 阪神 札幌
2010/09/25 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/20 (月)
阪神 札幌
2010/09/19 (日)
中山 阪神
2010/09/18 (土)
中山 札幌
2010/09/12 (日)
中山 阪神 札幌
2010/09/11 (土)
中山 阪神 札幌
2010/09/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/09/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/22 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/21 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/15 (日)
新潟 小倉 札幌
2010/08/14 (土)
新潟 小倉 札幌
2010/08/08 (日)
新潟 小倉 函館
2010/08/07 (土)
新潟 小倉 函館
2010/08/01 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/31 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/25 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/24 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/18 (日)
新潟 小倉 函館
2010/07/17 (土)
新潟 小倉 函館
2010/07/11 (日)
福島 阪神 函館
2010/07/10 (土)
福島 阪神 函館
2010/07/04 (日)
福島 阪神 函館
2010/07/03 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/27 (日)
福島 阪神 函館
2010/06/26 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/20 (日)
福島 阪神 函館
2010/06/19 (土)
福島 阪神 函館
2010/06/13 (日)
東京 京都
2010/06/12 (土)
東京 京都
2010/06/06 (日)
東京 京都
2010/06/05 (土)
東京 京都
2010/05/30 (日)
東京 京都
2010/05/29 (土)
東京 京都
2010/05/23 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/22 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/16 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/15 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/09 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/08 (土)
東京 京都 新潟
2010/05/02 (日)
東京 京都 新潟
2010/05/01 (土)
東京 京都 新潟
2010/04/25 (日)
東京 京都 福島
2010/04/24 (土)
東京 京都 福島
2010/04/19 (月)
福島
2010/04/18 (日)
中山 阪神 福島
2010/04/17 (土)
中山 阪神
2010/04/11 (日)
中山 阪神 福島
2010/04/10 (土)
中山 阪神 福島
2010/04/04 (日)
中山 阪神
2010/04/03 (土)
中山 阪神
2010/03/28 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/27 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/21 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/20 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/14 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/13 (土)
中山 阪神 中京
2010/03/07 (日)
中山 阪神 中京
2010/03/06 (土)
中山 阪神 中京
2010/02/28 (日)
中山 阪神
2010/02/27 (土)
中山 阪神
2010/02/21 (日)
東京 京都
2010/02/20 (土)
東京 京都
2010/02/14 (日)
東京 京都 中京
2010/02/13 (土)
東京 京都 中京
2010/02/07 (日)
東京 京都 中京
2010/02/06 (土)
東京 京都 中京
2010/01/31 (日)
東京 京都 中京
2010/01/30 (土)
東京 京都 中京
2010/01/24 (日)
中山 京都 中京
2010/01/23 (土)
中山 京都 中京
2010/01/17 (日)
中山 京都
2010/01/16 (土)
中山 京都
2010/01/11 (月)
中山 京都
2010/01/10 (日)
中山 京都
2010/01/09 (土)
中山 京都
2010/01/05 (火)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒2、日曜日がプラス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、こちらも雨の影響を受けた開催だった。特に2週目に時計が掛かっている。なお、阪神も連続開催で今週から開催が変わるが、もう1週Aコースが使用され、その後Bコース使用となる。
土日を通して発表は良だった。ただ、土曜は純粋な良馬場だったが、日曜は土曜夜に雨が降った。この影響を多分に受けて時計の掛かるコンディションだった。加えて先週は土日を通して風がやはりきつかった。その辺りも時計の出方に微妙に影響したように思う。同じ良馬場でも時計の出方は土日で違うので、その辺りは要注意。脚質は逃げ・差し混在だったが開催2・3週目と逃げ馬の連対がゼロだったことを思えば、前に行った馬の活躍が印象的だったなというのが頭に残っている。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がプラス0秒8、日曜日がマイナス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前半4日間は雨の影響でマイナスゾーンの馬場差。その後5日目からはプラスの馬場差となったが、8日目、つまり先週日曜日は再びマイナスの馬場差となった。
純粋な良馬場った土曜は時計の掛かるコンディションだったが、土曜夜に降った雨の影響を受けた日曜は平均よりも時計の出やすいコンディションだった。ただ、こちらも風の影響は大いにあった印象。仮に土日とも無風なら、もう少し速い時計が出ていた可能性が高い。


  タイム分析
 2010/03/21 (日)  芝=+0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 シルクアーネスト    牡3 未勝利 1:49.2 +0.6 --- +0.1 --- C B --
7R T1400 ツルマルジュピター    牡3 500万下 1:21.6 -0.7 --- -1.1 --- A C --
9R T2000 ミッキーペトラ    牡4 但馬SH1600 2:02.4 +2.9 --- +2.0 --- SL D --
10R T1600 スマイルジャック    牡5 六甲S 1:34.2 +1.4 --- +1.0 --- E D --
11R T3000 トウカイトリック    牡8 阪神大賞G2 3:07.3 +2.7 --- +1.9 --- E C --
 2010/03/21 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ワンダースキー    牝3 未勝利・牝 1:57.8 +3.1 --- +3.2 --- E E --
2R D1200 プリサイストップ    牡3 未勝利 1:12.7 -0.6 --- -0.5 --- B C --
3R D1800 サクラブライアンス    牡3 未勝利 1:55.0 +0.3 --- +0.4 --- D D --
6R D1400 アンヴァルト    牡3 新馬 1:26.8 +0.7 --- +0.8 --- E C --
8R D1200 キクノフレヴァン    牡4 500万下 1:12.1 -0.2 --- -0.1 --- C C --
12R D1400 ルティラーレ    牡5 1000万下 1:24.7 +0.5 --- +0.6 --- D C --

阪神7R 3歳500万下 注目
2着 エーシンウェズン 番組注目馬
注目馬。

  馬券Summary
高倉 稜騎手
今年のデビュー・新人であることは説明するまではないが、先々週に初勝利をマークすると先週は2勝で、まだ荒っぽいが積極的なレース運びが目立つ。まず、土曜7Rクレバートウショウで先行策から躊躇無く追い出して抜け出す競馬、2馬身差で悠々と押し切った。日曜2Rでは大逃げ。中距離戦ではなく1200m戦での大逃げは珍しい。そのまま3馬身半差で圧勝した。ペース云々はともかく、とにかく積極的に乗るのが新人騎手らしさだと思う。実際力が拮抗したレースでは先行すれば3キロ減は最大い活かせると思う。それにこの高倉騎手、スタートがすごく上手い。今後はですから、人気薄に乗っていても注意が必要なジョッキーだと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai