2018/9/16の予測馬場差


4回中山4日目

 結局雨は金曜夜22時から深夜1時台に2ミリ、朝7時から14時台までに10ミリの降雨。

 芝は3R・5Rがタイム差±0、+0.2もスローの影響。その後の7R・9R・11Rが-1.1・-0.5・-0.2。11Rはペースが遅かったので、7R・9Rから推測すると1秒近く速い時計の出る馬場か。土曜夜、日曜とも雨の予報はないので日曜は少し回復して-1.2ぐらい速い時計の出る馬場か。天候次第では-1.5ぐらいまで時計の出やすい馬場か。
 ダートは1200m3鞍はペースが速かった事もあるが、こちらも-0.7から-1.2ぐらい速い時計が出ている。1800mも1200mの出方すると、速い時計が出ているはずだが-0.4・±0・+0.5。まぁ元々持ち時計のある馬がおらず、メンバーレベルが低いので時計も遅いのだろう。馬場差となると10Rの2400m戦が-1.5出ている。これがメンバーランクCくらいはありそうで仮に完全タイム差±0になるなら、1800mの馬場差は-1.5×1800÷2400=-1.1。このぐらいか。ただ、前記の通り土曜夜も日曜とも雨予報ではないので、多少回復して1800m・1200mとも-0.8ぐらいと見ておくか。

4回阪神4日目

 阪神の方は予報では雨予報だったが、結局降らず。朝は芝:稍重・ダート:重だったが、1段階回復して、芝:良・ダート:稍重になっている。

 芝は2R・5R・9Rはペースが遅く、タイム差は+0.3・+0.6・+0.6。12Rもペースは遅かったものの-0.1のタイム差。平均ペースだった10Rが-0.6。メンバーのレベルもCぐらいはありそうなので、この10Rを基準に考えると中距離換算で-0.8ぐらいか。こちらも多少回復して、日曜は-1.0ぐらいと見ておく。
 ダートの方はペースが速く、最後13秒1-13秒2とバテた4Rはタイム差+0.4だが、それ以外は全てマイナス。この4RはタイムランクDかE。こちらも中距離対象の馬場差が-1.0前後だったと思うので、日曜は回復を考慮すると-0.8から-0.6ぐらいか。

9/16(日)の予測馬場差

競馬場 ダート
中山 -1.2から-1.5 -0.8前後
阪神 -1.0 -0.6から-0.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください