調教時計の目安


 年末に少しだけ触れた調教について。過去7~8年分のデータ約140万件を分析してみた。まずは書いても問題ないと思う範囲で。
調教は当然ながらほぼ毎日行われている。ほぼと書いたのは元日など行われていない日もある。

今日現在現役馬8204頭中、美浦所属馬が3980頭(48.5%) 栗東所属馬が4224頭(51.5%)で若干栗東所属馬の方が多い。
で、それらの馬が行われている調教は
 栗坂:33.1%
 美坂:19.7%
 南W:15.2%
 CW:11.1%
 美P:5.9%
 DP:3.0%
 函W:2.9%
 北C:2.3%
 南D:2.1%
 札ダ:1.7%
 栗B:1.2%
 DW:1.0%
 小ダ:0.6%
 函ダ:0.5%
 南芝:0.3%
 栗芝:0.3%
 栗飛:0.2%
 栗E:0.1%
 函芝:0.1%
 札芝:0.1%
 北B:0.1%
という感じで、圧倒的に栗東坂路で追い切られている馬が多い。
※0.1%以下の小芝とか新ダ等々は割愛
足せばわかるが、調教の50%は坂路によるものなので、最終追い切りが坂路の方が良い!とか言われてもそもそもが…。

↑こんなデータを見ても「ふーん」で終わってしまうが、上記の美浦ポリトラック以下の調教施設で追い切られる事自体があまりないという事だけご認識いただければと思う。で、それぞれの調教施設で追い切られた時計の中身を分解(「50.7-37.5-24.9-12.4」→「50.7」「37.5」「24.9」「12.4」)し、それぞれの時計が何回出現しているか統計を取った。

11.4:5回
11.5:12回
11.6:36回
11.7:73回
11.8:255回
11.9:595回
12.0:1172回
12.1:2328回
……

というような感じで、各調教施設毎の各タイムをカウント。ラップのみやモヤのため計時不能、ゲートや障害の時計は除外。
その内出現回数の多い上位5%と20%の時計がそれぞれ↓。

 ■美坂 5 4 3 2 1
上位5% —- 51.5 37.4 24.4 12.1
上位20% —- 53.1 38.5 25.2 12.5

 ■南W 5 4 3 2 1
上位5% 80.8 66.1 51.5 37.8 12.4
上位20% 82.5 67.6 52.8 38.8 12.7

 ■美P 5 4 3 2 1
上位5% 78.7 64.5 50.2 37.0 11.8
上位20% 80.4 66.2 51.5 38.0 12.1

 ■北C 5 4 3 2 1
上位5% 80.3 65.8 51.3 37.9 12.3
上位20% 82.1 67.4 52.6 38.9 12.6

 ■南D 5 4 3 2 1
上位5% 79.3 65.0 50.8 37.6 12.1
上位20% 81.1 66.5 52.0 38.5 12.4

 ■南芝 5 4 3 2 1
上位5% 75.8 62.7 48.5 35.6 11.7
上位20% 78.3 64.5 50.0 36.7 12.0

 ■栗坂 5 4 3 2 1
上位5% —- 52.6 38.3 25.0 12.4
上位20% —- 54.1 39.4 25.7 12.8

 ■CW 5 4 3 2 1
上位5% 80.3 65.2 51.1 37.7 11.9
上位20% 82.0 66.7 52.3 38.6 12.3

 ■DP 5 4 3 2 1
上位5% 80.3 63.7 49.9 36.8 11.3
上位20% 82.0 66.7 52.3 38.6 11.7

 ■栗B 5 4 3 2 1
上位5% 78.4 63.7 49.8 36.8 11.4
上位20% 80.4 65.4 51.2 37.9 11.8

 ■栗芝 5 4 3 2 1
上位5% 75.9 61.4 47.9 35.1 11.4
上位20% 77.9 63.1 49.2 36.1 11.7

 ■栗E 5 4 3 2 1
上位5% 77.4 62.5 49.0 36.3 11.5
上位20% 79.4 64.5 49.8 37.6 12.0

 ■函W 5 4 3 2 1
上位5% —- 66.0 51.5 38.0 12.3
上位20% —- 67.6 52.9 39.0 12.6

 ■函ダ 5 4 3 2 1
上位5% 79.9 65.7 51.6 38.0 12.0
上位20% 80.8 67.4 53.0 39.0 12.4

 ■函芝 5 4 3 2 1
上位5% 77.7 63.1 48.8 36.0 11.6
上位20% 79.5 64.9 50.1 36.9 11.7

 ■札ダ 5 4 3 2 1
上位5% 80.2 65.7 51.4 38.0 12.0
上位20% 81.9 67.4 52.7 39.0 12.4

 ■札芝 5 4 3 2 1
上位5% 76.1 62.0 48.5 35.2 11.4
上位20% 78.3 64.0 49.9 36.1 11.7

 ■小ダ 5 4 3 2 1
上位5% 80.9 66.3 52.0 38.2 11.8
上位20% 82.7 67.9 53.4 39.2 12.1

レースでもそうだが、走る距離が短ければ短い程、コンマ1秒の価値が違う。間を取って一概に上位10%としても良かったが、本当に速い、レアな時計がなんなのかわからなくなるかなと思い、5%を出したかった。私の場合、上位5%の超激レア時計と、上位6~20%のレア時計の区別をつけたかったので、2段階で設定。インターネット馬三郎だと設定は1つしかできないので、5%と20%の間の時計(足しで2で割った時計)を設定しても良いかもしれない。

「統計的に見て」の割合なので、目一杯追った時の時計とか、レース同様に天候による馬場差のようなものを考慮せず、単純に↑↑の時計を上回っていれば、激レア・レアという違いをわかるようにしたかった。
これだけでは、他の馬も激レア連発!みたいな日もあるので、あくまでも目安で。
また、先に書いたとおりそもそも調教数の少ない調教コースのデータもあるので、あくまでも目安・参考で。

中には調教だけ激レア連発してレースではさっぱり(そもそも能力が足りてない)というケースもあるので、単純に速い時計の馬が良いという訳でもない事も確か。

続く

インターネット馬三郎では調教速報という形で、指定した日付の調教を一覧で閲覧が可能。
※直近2ヶ月分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。